FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

酒を飲んで記憶が無くなるようになった

 昨夜もそうだったが、何時に眠ったかわからない。何時にベッドに入ったかも覚えていない。歯を磨いたかもわからない。今朝の歯は舌をはわせてもザラザラしていなかったから、たぶん磨いたのだろう。でも歯磨きした記憶はない。食器は洗ってあったが、その記憶もない。食器を台所に運んだところまでは、かろうじて覚えている。でもそれ以降の記憶がない。

 枕元にパソコンのモニターを置いていて、眠る前に横になってネットを見るのだが、昨夜はパソコンもつけっぱなしだった。夜明けころ4時すぎに目が覚めた時に、モニターが点いていた。ヤフーの画面だった。ということは横になったとたんに眠ったのだと思う。
 記憶が飛んだのは、これで三回目だ。五月は5回飲んだが、3回記憶がなくなった。昨夜は純アルコールで120g分飲んだ。その前の週は飲んだのは90g分だったが記憶は残った。その前の週に飲んだのは150g分だったが記憶が飛んだ。純アルコール150gというのは、日本酒だと7合だ。酔うわけだ。
 純アルコール90g分だと焼酎380ccだ。純アルコール120g分だと焼酎480ccだ。水割りで4杯だ。3杯までだと記憶は残るようだ。
 記憶がなくなった翌日は二日酔いにもなる。純アルコール150g分を飲んだ翌日は、夕方まで頭が痛くて、何もする気にならなかった。人生の中の一日を無駄にしたと思った。逆に、記憶があると二日酔いにはならないようだ。今のところは。

 だけれども、飲んでいる時は、ほとんど酔わないのだ。だからどんどん飲んでしまう。グラスの酒がなくなると、もう1杯飲もうと思ってしまう。つまみも残っているし、と思って。
 もしかして、もう1杯、もう1杯と思って、実際に飲んでしまうことが、酔っ払っている証拠かもしれないが、自覚はない。

 たぶん冷たい酒だから酔いにくいのだろうと思う。アルコールの吸収が遅くて、脳が麻痺するのが遅くなるのだと思う。だって今年の冬に飲んだ焼酎のお湯割りは、2杯めでほろ酔いになった。でもあの頃は、痛風になって半年くらい酒を止めていた後に、また飲み始めたからで、体が酒に慣れていなかったせいかもしれない。
 でも今だって一週間に一回しか飲まないのだから、体は酒に慣れていないだろう。だから沢山飲むと記憶が飛ぶのだろう。
 それに、飲んでいる時に酔わないから、飲むスピードが早い。腹も減っているし、焼酎の水割りをゴクゴク飲む。それも悪いのだろう。
 だから今週末は、お湯割りを飲んでみようと思う。でもこれから暑くなるから冷たい酒がいいのだが、実験してみる。

 酒を飲んで記憶がなくなるなんて、今までなかったことだ。二日酔いになったこともなかった。もともと酒が強かったせいもあるだろう。記憶が飛んで、二日酔いになるのは、年を取ったからということもあるだろう。これからは少なめに飲むことにする。
 一番良いのは、少ない酒ですぐに酔っ払うのが、時間もお金も節約できるのだけれど、それは何だか、さみしい気持ちもする。

バイクのブレーキランプを直したこと

 オートバイのブレーキランプが点かなくなったのを直した。直したといっても、電球を交換しただけなのだが。
 去年の11月に、ブレーキをかけると、後ろの車が近づく。嫌がらせかと思ったが、次に乗る時に、乗る前の点検でブレーキランプが点かなくなっていたのがわかった。そのせいだった。私のほうが迷惑をかけていた。

 どこが悪いのか調べようとして、最初は電球にテスターを当てたら電流が通っていたから、球は切れていないと思って、他の場所、例えばブレーキのスイッチとか、電線のつなぎ目が壊れたか、電線が途中で切れたかもしれないと思って、そうしたら修理はちょっと大ごとになるな、と覚悟した。
 それでヤマハのサイトで部品を注文しようとしたら、今は個人が注文できなくなっていて、バイク店から注文せよとなっていた。それで前から良さそうだと思っていたバイク屋に電話して、ブレーキランプが点かなくなって、それに関係する箇所の部品と、前から発注しようと思っていたゴム製のワッシャーのようなグロメットという部品や、テールランプカバーを留めているネジを、メーカーから取ってもらえるか聞いたら、できるということで、行った。
 バイクに乗っていって、前ブレーキランプのスイッチの端子をはずして、このバイクのブレーキランプのスイッチはここで、この端子が悪いのかもしれませんと言ったら、店主は、さっと私のバイクを後ろに引っ張っていき、作業場の中に入れた。この中の方が暗いから、点くかどうかがわかりやすいからと言って、これを直結すれば点きますよと、キーを回して、さっき私がはずした二本の配線の端っこに、ラジオペンチの先の両方を突っこんだ。でも点かない。
 ということは球が切れているな、とつぶやいて、さっさとテールランプカバーを外して、バルブをはずして、テスターでチェックして、切れてますね、と私の目を見つめて、どうしてか得意げに、太い声で言った。
 既製品でこれと同じのは売っていますかと聞いたら、すぐに店の在庫の棚に早足で歩いていって、新品の電球の箱を持ってきて、取り付けてくれた。そしてまたキーを回して、前ブレーキを握ったら、ブレーキランプはあっけなく光った。切れる前より明るく見えた。
 そのバルブは、テールランプとブレーキランプの両方を一つの球で光らせるもので、電球をよく見たら、フィラメントが二本あった。見た目は二本とも切れていないが、私がテスターでチェックしたときに切れていないと思ったのはテールランプの方で、ブレーキランプの方のフィラメントが悪くなっていたらしい。

 もし配線が切れていたとしたら、配線を交換するためにはガソリンタンクをはずして、配線をはずして、どこが切れているか、地道に導通チェックをしなければならない。電気系統が壊れると、やっかいで面倒な作業が待っている。もし手に負えないときは、修理してもらうことになるから、工賃が高いだろう。それも覚悟していたのだが、バルブ交換で、バルブ代400円くらいで済んだ。
 私が帰るときに、店主は、もう一度点くかどうかをチェックしてくれた。

 それでお礼で、注文していた部品を取りに行ったとき、店のガラスの外側だけだが、掃除してあげた。洗った窓ガラス用のモップはあまり汚れなかったから、もともとキレイにしていたようだった。店主の、バイクのどこが壊れているか、すぐにピンとくる知識の豊富さや、修理の手際の良さや、もう一度ランプが点くかどうかを確認する几帳面さを、店の窓ガラスのキレイさが証明していた。珍しく新潟市でまともな職業人がいた。それを見つけたのがうれしかった。
 キレイなガラスだったが、気持ちの問題だと思って、清掃させてもらった。店主は、いい笑顔で、ありがとうございますと言ってくれた。こちらの方こそありがとうございますと思っているから、私も同じ言葉を返して、頭を下げた。
 そしてその店で自賠責保険をかけた。保険料が安くなっているせいもあって、一度に5年分も払った。5年分でも17330円でしかない。昔に比べれば安くなったものだ。
 そうして、おれはまだ5年もオートバイに乗ることにしたのかと、自分で自分を驚いた。60歳すぎることになる。

暖かくなったから、春の支度をした五月中旬

 今日ホットカーペットを片付けた。掃除機をかけて、半日だけ陽に干して、丸めてビニール紐でしばって、部屋の隅に立てかけた。今日は曇りで午後から雨が降ったから、今度晴れた日にもう一度窓の外に干して、紫外線消毒をしてから、押し入れにしまう。
 今年の春は寒かったから、ホットカーペットを片付けるのが一ヶ月遅い。連休が終わって、やっと暖かくなって、体が動くようになった。だから部屋の掃除をする気力が出た。掃除機をかけて、フローリング掃除用シートで床を拭いた。
 そして台所ではスリッパを履いていたのを、スリッパもしまった。今日から裸足で歩く。毎年そうしている。スリッパは裏を拭いて、内側に除菌消臭スプレーを吹いて、一日乾かして、ビニール袋に入れて、トイレの隅にぶら下げた。
 来週はもっと暖かくなるだろうから、あんかをしまえると思う。

あじの塩焼きを食べたこと

 春の旬の魚はアジだと、ネットで調べた。だから昨日アジを買ってきて、塩焼きにして、焼酎のつまみに食べた。不味くはなかったが、期待していたよりは美味くはなかった。サンマやイワシに比べたら脂が少ないからだろう。
 初めは手軽にアジフライを買おうと思っていたのだが、スーパーの惣菜売り場に売っていなかった。店員に聞いたら、今日はないと言われて、生のアジを買ったのだ。
 開いたのと、頭と内蔵を落としたのが、両方とも178円だった。一匹178円は高いと思ったが、大きめだから仕方がない。開いたのはアジフライ用なのだろう。でも焼くと旨味が逃げ出るのじゃないかと思って、開いていないのを買った。
 フライパンに魚焼き用のアルミホイルを敷いて、塩をふって、弱火でじっくり焼いた。柔らかく、ふっくらと焼けた。考えてみたら、自分であじを焼くのは初めてだ。アジは脂がないから煙が出ないで、換気扇はそれほど汚れないのだと思った。焼いた後に台所が魚臭くもならない。そういうところは良いと思った。
 他に、ちくわと、枝豆の天ぷらを買ってきて食べた。
 連休が開けたら急に暖かくなって、昨夜は一杯目はビールを飲んだ。その後また焼酎を沢山飲んだ。純アルコールで120グラム分だ。今朝は少し二日酔いなのか、頭がぼーっとしていた。そして昨夜は寝たら、一回もおしっこに起きなかった。おしっこをしないのは尿酸値を下げるためには良くないのだが、でも体のどこも痛くならなかった。代わりに今朝からいつもより沢山水を飲んで、何度もおしっこをした。
 春の魚介類の旬は、あさりもそうだそうで、来週はあさりを食べようと思う。

やせたら年寄りの顔になった

 今月やせたのは1キロだけだった。今まで一ヶ月で2キロずつやせてきたけれど、そろそろやせるのが限界になったのだろう。
 今はもう、筋肉がおちて、手足がひょろひょろだ。自分の体を見ると、昔言っていたもやしっ子だ。
 来月からは、やせるのは止めて、ご飯も動物性タンパク質も、食べる量を少しずつ増やしていく。暖かくなったし(今日は急に暖かくなって、最高気温が22度だった。昨日までのジャンパーを着て外を歩いていたら汗ばんだ)、消費カロリーも増えるだろうし、少しずつ体を動かして、もう少し筋肉をつけようと思う。
 今の体重は二十歳頃の体重と同じだ。でもあの頃は筋肉がついていた。今は鏡を見ると、去年の自分の顔に比べて、急に年寄りっぽくなった。頬がこけて、頬骨がとがって、でも頬の下側の肉は、たるんで垂れ下がった。それに鼻の両脇から口の脇にかけての線、ほうれい線というらしいが、それが目立って深くなった。一気に三十年も年取ったみたいだ。
 今は新型コロナウイルスのせいで外に出る時はマスクをしているから、この年寄り臭い顔を世間の人に見られなくて済んでいるが、夏になったら暑くてマスクはしなくなるだろうから、これから少し食べる量を増やして、ちょっとだけ太って、見た目を若返らせたい。
 でも頬の下側の肉が垂れて、ほうれい線が目立つのは、年相応かもしれない。若く見せたいなら、また太って、ほうれい線やシワを目立たなくするしかないだろうが、そうするとまた痛風になってしまう。あの痛みや苦しみを味わうのは嫌だ。それに尿酸値が高いままだと腎臓や肝臓の病気になって、命にかかわるそうだ。それは、いけない。
 そうであればこの顔で、これからは生きていくしかないだろう。それに、初めてこの顔を見た人は、もともとそういう顔なのだと思うだろうし、世の中の人は、私も含めて、それほど人の顔のことを考えないだろうし、自分の顔だから、気になるのだろう。ということは、鏡を見ても、自分の顔のことなど、あまり気にしなくていいのだろう、と思うことにした。

酒を沢山飲んでも痛風にならない自信がついた

 今日の昼に図書館から予約の本が用意できたというメールが来て、読んだら、明日から五月十日まで休むと書いてあった。コロナウイルスの緊急事態宣言が出たからだそうだ。明日から休むということは、今日は混雑してるだろうから、ウイルスが怖いから、本を取りに行かないことにした。手持ちの本を読んでいることにする。

 十日くらい前に、居酒屋に焼き鳥と串かつを持ち帰りで買ってきて、焼酎のつまみにした。新しく作ったクレジットカードの期間限定ポイントで、それは居酒屋しか使えないポイントで、でもコロナが怖いから居酒屋で飲み食いしたくないし、そのポイントをどう使おうかと思って考えて、そうだ、料理を持ち帰りで買えばいいと思い、居酒屋に電話して聞いたら、OKだというから頼んだ。
 夕方四時半に取りに行ったが、まだ時間が早いせいで客はいなかった。中年の女の店員はマスクをして出てきた。ちょっと安心した。もちろん私も花粉症の時期だからマスクをしている。イスに座って待っていてくださいと言われたが、ウイルスがイスに付いているのが怖いから、立って待った。一分くらいして奥から入れ物を持ってきて、渡してくれた。長居したくないから、すぐに店を出た。
 アパートに帰って、渡された入れ物を流しに置いて、手を洗うついでに、入れ物の外側に水をかけて、付いているかもしれないウイルスを洗い落とした。そして入れ物を開けて、焼き鳥と串かつを串から外して、どんぶりに移して、電子レンジにかけた。ウイルスは電子レンジにかければすぐに死滅するとネットに書いてあったから。念の為に二分くらいかけた。
 いつものように多めの人参やキャベツを電子レンジで蒸して食べて、ビタミン補給をして、そして尿酸を体の外に出しやすくするように、おしっこをアルカリ性にした。

 焼酎は沢山飲んだ。380ccも飲んだ。純アルコールで100g分だ。日本酒になおせば五合だ。ビールならば2.5リットルだ。焼き鳥にはレバーもあった。串かつにはエビもあった。レバーもエビもプリン体のかたまりだ。初めて痛風になってから食べないようにしてきたが、何年かぶりに食べた。プリン体が多い食べ物は、とても美味いものだったのだと思い出した。翌日は痛風にはならなかった。自信がついた。

 その翌週、このあいだだが、また焼酎を沢山飲んだ。420cc、純アルコール分で110gも飲んだ。日本酒なら五合半、ビールなら2.7リットルだ。つまみは鮭を二切れ、野菜と一緒に電子レンジで蒸した。これも美味しかった。他に、おでんと、レンコンの野菜天ぷらを買ってきて食べた。
 今度は飲みすぎたのだろう、次の日の朝、少し二日酔いになった。頭がぼーっとしている。何年ぶりかに二日酔いの感覚を味わった。
 でもこの間もその前も、沢山飲んだのに、飲み終わったときはあまり酔わずに、もっと飲みたいと思ったくらいだった。だけど飲み過ぎは痛風がぶり返すと思い、我慢してやめたのだ。
 この間飲んだ次の日の午前中に背中の左側、脇腹の近くが痛くなった。その日の夜には痛みは消えたが、たぶん軽い痛風だったのだろう。
 だけれど、このくらいの量は、去年までは毎日ふつうに飲んでいたのだ。つまみもいっぱい食べていたのだ。それがひどい痛風になった原因なのだが。

 二週つづけて沢山飲んで、沢山飲んでも一日だけならひどい痛風にならない自信がついた。親戚の葬式や法事に呼ばれても、酔わずに沢山飲める体に戻った自信もついた。でも最近はコロナウイルスのことで葬式も法事もしないか、しても長い時間の会食はしないだろう。
 そして、二週つづけて沢山飲んだから、次に飲むときは少なめに飲むことにする。

花粉症がとても軽い2020年春

 今年の花粉症は軽い。花粉症になってから初めての軽さだ。いつもの年だと今頃が一番くしゃみと鼻水が出るのだけれど、今年はくしゃみも鼻水も出ない。たまに咳が出るくらいだ。
 去年の夏がとても暑かったから、次の年の花粉の飛ぶのが増えると思っていたが、翌年の飛ぶ量は春に決まるらしい。
 花粉症が終わるのは五月の連休明け過ぎだから、もう少しで終わる。今年はもう花粉症はないだろう。

 それから今年の春は寒い。オートバイに乗りたいと思わないくらい寒い。花粉が飛ぶのが少ないのは寒いからだと思っていたが、寒いのは関係ないのかもしれない。
 今年の春が寒いのは、私の筋肉が少なくなったせいもあるだろう。去年の夏にひどい痛風になって十日間寝込んで、筋肉が落ちた。それからも激しく体を動かすことはしないようにしてきたから、筋肉はつかない。
 尿酸値を下げるために、肉と魚をほとんど食べないようにしているから、痩せた。脂肪もなくなったから、動物が毛皮を脱いで生きているようなもので、寒いのだろう。

コロナと春のスーパームーン

 コロナウイルスの騒ぎで、今夜は総理大臣の緊急事態宣言の会見をラジオで聞いて、会見の後で、ラジオが今夜はスーパームーンなのだと言っていたから、さっき、窓を開けて夜空を見てみた。
 雲のない夜空の上に、まん丸い白いお月さまが浮かんでいた。
 思っていたよりも小さいが、白い月の中に陰が二つあって、うさぎが餅をついているのがよくわかった。
 今、新しいウイルスが地球上をおおっていて、人間たちが騒いでいるけれど、月はおっとりと、遠くから地球を見ていた。
 うさぎも一人で機嫌良く餅をついている。

少しくらいなら酒を飲んでも体が痛くならなくなった。そして春の味をつまみにした

 昨夜は焼酎を240cc飲んだ。純アルコールで60グラムで、適正に尿酸を体の外に出せる、一日あたりに飲んでもいいアルコールの量の三倍だ。
 今朝は体のどこも痛くない。先週も先々週も、酒を飲んでも痛くなかった。もう、少しくらい飲んでも痛風の痛みは起きなくなったようだ。そのかわり酒を飲んだ後は、たくさん水を飲んで、何回もおしっこをした。夜中も四回おしっこで起きて、。そのたびに水を飲んで寝た。今朝起きてからも、3リットルは水を飲んで、おしっこをしている。低脂肪牛乳も多めに飲んでいる。こんにゃくも多めに食べた。その効果もあるだろう。そしていつものように人参とジャガイモも食べた。
 でも、酒を飲むのは一週間に一回だから、痛風にならないのだろう。これが三日に一回飲むとか、一週間あけても二日続けて飲むとかすれば、また痛風になるだろう。一回に飲む量ももっと沢山飲めば激痛がくるだろう。来年の年末までは、このくらいのペースの飲み方で、我慢の生活をする。

 昨夜のつまみは、スーパーで買ってきた、ホタルイカと、タラの芽の天ぷらを少しずつと、春キャベツと新玉ねぎと春のニラを電子レンジで蒸したのを食べた。春の味を一年ぶりに楽しんだ。でも本当を言うと、どれも期待していたほど美味しくはなかった。味がうすかった。まだ春になったばかりで、旬の味の濃さになっていないのかもしれない。

新型コロナウイルスにかかったとき用に栄養ドリンクを買った

 新型コロナウイルスに感染したときは、何日か寝込むかもしれないから、買物には行けない。だから非常食が要る。
 薬もないのだから医者に行っても仕方がないから、家で寝ているしかない。そのときは少しでも体に栄養をつけようと思って、今日、栄養ドリンクを買ってきた。
 カフェインが入っていないのなら、飲んでもよく眠れると思って探したら、カフェインゼロのはとても高かった。だから買うのをあきらめて、カフェインが入っているのを買った。カフェインが入っていても、入っていれば、飲んだら気持ちが爽やかになるだろうと思って、カフェイン入りのを20本買った。思ったより安かった。

 コロナウイルスはインフルエンザウイルスの仲間だろうと思って、コロナウイルスにかかったら風邪薬を飲んだ方がいいと思って、買おうと思ったのだが、昨夜ネットで調べたら、インフルエンザにかかったときは市販の風邪薬は飲まない方がいいらしい。だからコロナウイルスにかかった時も風邪薬は飲まない方がよいかもしれない。それで風邪薬は買わなかった。
 ビタミンのある野菜をたくさん食べて、水をいっぱい飲んで、暖かくして寝ているしかないだろう。そして買っておいた栄養ドリンクを薬代わりに飲む。本当は効かなくても、効くという気持ちで飲めば効くだろう。

 去年の夏にひどい痛風になって、部屋で十日間寝込んだときは、買物に出れないから、買い置きしていたレトルトパックのおかゆや、レトルトカレー、缶詰、ビスケット、そうめんとうどんの乾麺、保存がきくジャガイモ、玉ねぎ、人参なんかが役に立った。
 震災じゃないから水道も電気もガスも来ていて、水も飲めて、インスタントラーメンも煮ることができて、電子レンジでレトルト食品を温めて食べられた。米もあったから、いつものように研いで炊いて食べた。納豆やインスタント味噌汁も食べた。ふりかけもかけて食べた。
 コロナウイルスにかかって寝込んだら、そういうふうにすればいいと思う。

 痛風の痛さよりはコロナウイルスにかかったときの苦しさは下だと思うが、かかってみなければわからないけれど、痛風みたいに十日間も寝込むことはないだろう。コロナウイルスで自宅で十日間も寝込むということは、死ぬか生きるかの症状だろう。その時はあきらめなければならないだろうな。
<<