FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

福祉で金儲けは、ダメ、ダメの理由

昔、瀬戸内寂聴が、
「宗教と教育で金儲けをしちゃいけない」って意味のことを書いてたのを読んだ。よく憶えてるよ。
 僕も、ホントそうだと思った。そして、そのほかにも、福祉、で金儲けするのもチガウんじゃないかと思ってる。

 ただね、それは福祉だから、金をからませたくないというわけじゃないよ。
 理由は、福祉って、税金でまかなわれているわけだから、そこから金儲けするのはスジチガイだろというんだ。

 日本の場合、個人で、個人の資産で、福祉をやってるって、あんまり聞かないもんね。
 個人のお金で、その人の財産で、大勢の誰かを助けたりするのであれば、そしてその中でお互いが了解済みならば、そこで儲ける人がいてもいいんだろけどさ、でも、税金という公共のお金使う場所の中で、特定の業者が儲けるのは善くないろうと思うんだ。

 ただ、その人しか出来ない、その企業しか出来ないって、特殊技能持ってれば別らけどね。そういう才能あって、仕事の結果出す人は、税金の中でも大いに儲ければいいと思うよ。

 でも、福祉業界で、そういう特殊技能あるってハナシ、聞かないからね。それに福祉って、技術的な事は、特殊にしておくべきじゃないと思うんだ。
 新しいいいやり方考えたら、素早く広めるべきと思うよ。…だって、福祉だもん。

 福祉って、自分が生きるためのエネルギーを、少し自分以外の人に別けて、生きるチカラあげるってことだと思うから、儲けるチカラみたいなものも、分散するのが本当なんだろな。
 それだから僕、税金の事と別に、本質的なところで、福祉で儲けちゃダメら、と思うんだよ。

 文学っていう特殊技能持ってる瀬戸内寂聴は、福祉なんてこと言わないね。だから瀬戸内寂聴、元気でカッコイイんだ。

買う夕食は、こういう…

20061027065502
こないだ忙しかったんで、ご飯炊かなかったんだ。
 そういうときは、スーパーの半額のおにぎりが夕食です。
 おかずいっぱい買ったんだけど、この写真撮った時は食べおわった頃で、あんまりキレイじゃなかったからさ、写さなかったが。
 このビールは2本めらけど、もうイッポンか、…ああ、ろうしようかなあ、と思いながら撮ってるところ。

これから始まるもの…小さいもの

こどもって、見てるとうれしいもんだね。

 ちいさいものが、…
 ちいさいものが、…いること、見ること、気持ちいい。

 これからはじまる、
 これからはじまるんだ。

年トッテからの自転車旅行って、イイネ

きのうの教育テレビでやってた番組、七十歳代の人が自転車で、バイクみたいに東北ツーリングする番組だったよ(何人かでさ)。
 二輪車好きのダガシには、たまらないもんらった!

 しかしさ、僕も年取ってまだ生きてたならばさ、何して楽しむかなあ、といつも考えてたけどさ、ああ、その番組見たらばね、自転車っていいなあ! と思ったよ。

 まず第一に、自分のペースでやれること。
 その次に、お金あんまりかからなそうってとこ。
 も一つ、見ためカッコイイって思った!(ミエッパリのダガシらっけにさ)
 ほかにも、カラダにいいし、なによりウジウジしてなくてサワヤカな感じするよ。

 番組、途中から見てたんだけど、終わりにクレジットでたら、福祉ネットワークって…? 福祉嫌いのダガシも納得した番組らったな。

中越地震のダガシは…

二年前の中越地震の瞬間は、僕クルマを運転してた。
 家に帰ろうとして、桜木インターに乗る直前だったよ。インターの10メートル前で、クルマがガタガタッと揺れたから、あれっ、パンクかな、と思って後ろからのクルマに注意しながら道の端に停めた。ラジオつけてたから、アナウンサーが
「揺れてます、揺れてます、火を止めて安全な場所に避難してください、揺れてます、安全な場所に避難してください」…と叫んでたのを憶えてる。
 停めたクルマが、いつまでたっても揺れやまないのが不思議だったよ。

 揺れがおさまって、家に帰って、アパートのトイレに入ってたら、またガタン、と大きく揺れた。
 部屋でテレビつけっぱなしにしてニュース聞いてたけど、その時はまだ、震源地も揺れの大きさも、はっきりしたの分からなかったみたいだった。被害のことも詳しいこと言わなかった。僕も、たいしたことないのだろと思ってた。

 そうしたら時間が経ってゆくと、だんだんテレビでも地震のこと言いだして、物凄いこと起こったんだと恐くなったよ。

 中越のほうに比べれば、新潟市の揺れなんて、揺りかごみたいなもんなんだからさ、あんまり僕、下越のほうで地震のことを言い立てるのは、なんだかチガウと思うんだ。
「がんばろう新潟」なんて、それ、何か売るための商売に使ってるウタイモンクになってるみたいな感じするよ。
 世の中の宣伝目的のホームページでも、今だに「新潟地震のおくやみ申し上げます」とか、「頑張ってください」とか、書きっぱなしで放ったらかしになってるのをよく見るけど、そういう、責任無しの余計なお世話と、物事やりっ放しの怠けたがりの業者に、誰が仕事を依頼したがるのかと思うよ。

 ちょっとハナシがずれたけど、中越地震の事は、僕が言える事は、今のところ、これくらいだ。

ヤマハのフォークギターらよ

20061023082543
生ギター、というかフォークギターら。
 高校一年のとき、お年玉貯めて買ったんだ。三万円らった。
 このギターで、ライブハウス出たり、いろんなとこで歌ったりしたなあ。…こいつも、よく働いてくれたよ。
 十年ぶりくらいに触わったけど、傷もあんまりなくて、キレイなんだ。
 しかし、フォークギターって、持ってみると、エレキよりとっても軽いんだよ。

ギターのCコード押さえてるとこ

20061023081532
コードって、和音の事らよ。
 Cは、ドとミとソが集まった和音です(ドミソはホントは、もう少し複雑な事あるんだけど、あんまり理屈言ってもツマラナイし、コウシャクにしたくないからね)。
 しかし、小指が短いなあ。

Fコードの押さえです

20061023080959
人差し指をのばして6本いっぺんに押さえてるんだ(バレーっていうがあよ。バレーボールのバレーらろね)。
 この時、親指の付け根の大きな丸い筋肉を使って、人差し指の腹と親指で、思い切りギターを挟み込むんだ。
 だからギター弾いてた頃は僕、左手だけ、親指の付け根のその筋肉がすごく盛り上がってたんだよ。
 Fは、ファ・ラ・ドらね。

Gのコード、ソ・シ・レだね

20061023080930
これは簡単に押さえられるね。
 僕、小指が短くて曲がってるから、指先が弦に届かないことあるんだけど、手のカタチを工夫してカバーしてたなあ。
 そうして、こういう、CとかFとかGとかいう押さえ方の写真って、なんだこれっていうくらい簡単なんだけど、ありそでないんがあよ。

今年の出来より来年の出来をサラニ

富山県の入善町で、お米の種もみを作ってるんだってね。またNHKの朝の番組、たべもの新世紀でやってたよ。
 そこで取り上げられてた農家の男性、38歳で、やる気があって、すごくこだわりの人なんだ。
 毎日六時間も田んぼの中を歩きまわって、自分で植えたコシヒカリ以外の稲が生えてきてしまったものや、雑草を、これでもかってぐらい丁寧に草取りしてるんだ。
 田植えの時の苗の植え方も、後で作業しやすいように、よく育つように、これまた真っすぐに真っすぐに揃えて植えてるんだ。
 稲刈りした後、コンバインの中に残った米を、次に稲刈りした時に前のもみが混ざらないように、一粒残らず丁寧に掃除機で吸い取ってるその姿、美しかったよ。

 細心の注意こめて、こだわりこめて、技をこめて、心を込めて、仕事してるなあと見えた。熱心に米作りのこと、勉強している人だ。
 そして今年の仕事の出来よりも、来年の種もみの出来を、さらに良いものにしようとするその姿勢、…共感するよ。自分で言ってしまうけど、ダガシの仕事ぶりに通じてるぞと思ったよ(ゴメン、ジマンしてるね…ハハ)。

 でもね、その人も、自分の仕事に、自信持っているその顔に、僕も見てて気持ちいいもの感じたよ。
 ああ、俺と同じ方向向いて仕事してる人だと、何だか懐かしいもの感じたよ。

ダガシのズームアップら

20061021062546
髪の毛きったら涼しくなったんで、帽子かぶりました。
 またまた頬っぺたがふくらんだみたいらよ。

書くものは自分本位になりやすい

最近、ある人から教わったことなんだけど…。
 会って話せば、相手に対する配慮も生まれる。
 表現も、相手に合わせて、相手が受け入れやすいように、ある種の思いやりが生まれて、喋る。

 だけど、書くものって、自分本位になりやすいんだと。
 相手が理解するかどうかより、自分がどう言いたいか伝えたいか、自分の方に比重がかかってしまう。
 それはメールも同じなんだろうね。

 僕、それ聞いて、なるほどそうだなあと思ったよ。 インターネットの世界でも、相手が見えないと、書いたもののやり取りだけだと、どんどんどんどん書く内容が、表現の仕方が、過激になりやすい気がする。
 それって、思考のやり方も、過激にというか、単純になってゆくのなら、恐いなあ。
 僕も、自戒してゆきたいと思うよ。

できちゃったは善悪じゃない…

できちゃった婚って言葉があるけど、それって、ふせぐこといくらでもできるのに(いやまあ、防がなくともいいんだけどさ…ハハ)、できちゃった、と言うんだから、言い方おかしいのじゃないのかな、と思うんだ。…自分で書いてて、ちょっとばかばかしいとも思うんだけどさ。

 できちゃったって、なんだか、まちがった事したような、悪い事したような、そんな言い方らね。…できちゃった、って言うんだからさ。

 できないようにする手段は、おとななら何種類も知ってるだろに、できちゃった婚するのは、…大人なんだよねえ。
 だから、できちゃった婚になる人は…、出来てもいいや…とたぶん無意識には思っているのだろうな(また悪い事したみたいな言い方だけど、もちろん悪い事してるわけじゃないんだよね)。
 まあ、できる、のは善いことなんだからさね。

ダガシの母の猫、チロ

20061017175015

20061017175004

ちょっと前に母さんのとこに帰ったとき撮った写真らよ。
 チロ、普段いない僕を、知らない奴が来た、なれなれしいなあ、なんて思ったんだろか、僕のところにちっとも来ないんだ。
 チロが庭を見てるところを後ろから一枚パチリと、でもそれが逆光になってしまったから、もう一枚、座布団に寝そべったところをまたパチリとね。
「突然なによ、失礼ね!」なんて思ったかな…ハハ。

Mr.Bikeの表紙のジェンキンスさんらよ

20061017200659
今朝母さんに送ったブログでジェンキンスさんのこと書いて、僕、人様の顔写真は出さないと言ったけどさ、あとで考えたがあけど、雑誌って、世の中に公表してるわけだから、その表紙はもう、世間に出てて、雑誌の方でもこういうブログに(悪評でなく)載せられるのは望むところだろと考え直してね、写真、出しました(そんなこと考えるなんて、まったくダガシは理屈屋らな!)。
 ホントはさ、出したかったがあよ。
 しかし、いい笑顔らねえ。

ジェンキンスさんも僕もミスターバイク

ジェンキンスさんが『Mr.Bike』に出たんだ。
 といっても母さん、Mr.Bikeなんて知らないよね。
 僕が16歳から、いやバイク免許取れない15の時から読んでるバイク雑誌らよ。
 ここ十年くらいは、雑誌自体がつまらなくなって買わなくなってたけど、本屋で毎月、立ち読みはしてたんだ。

 こないだ本屋に行って雑誌コーナーでMr.Bikeを探したら、表紙に見たことある外人さんが載ってると思ったんだ。ジェンキンスさんなんだな。

 ちょっと前にテレビで、ジェンキンスさんが佐渡で、バイク買って乗ってるニュースというか番組観てさ、…ああ、うれしいなあと思ったのを思い出したよ。

 Mr.Bike、雑誌の本文に、しかも巻頭のコーナーで扱ってるんだ。僕、Mr.Bikeを見なおしたよ。

 僕、その表紙の写真を携帯で撮ったんだけど、ジェンキンスさんの顔写真をこのブログに出すのは(他人様の顔を無断で出すのは)、スジミチちがうだろなと思ったから載せません。

 そうしてね、Mr.Bikeのその記事、読むと面白いんだ。ジェンキンスさん、バイク乗るって言って、奥さんから離婚されるのが恐かった、なんてインタビューで答えてるんだよ。…ハハ。
 やっぱりオートバイは、危ないってイメージあるからね。母さんも昔、散々僕に、乗るな乗るなと言ったもんね。
 でもさ、ジェンキンスさんがバイク乗ることでさ、元気になっててくれるのを知っただけでも嬉しいと思うよ。若い頃、アメリカにいた頃からバイク好きで、北朝鮮にいた時も自分でバイクを作って乗ってたそうだよ。

 あと思ったのは、佐渡のような、島でバイク乗るのは、狭くないのかな、とかね。それでも嬉しいんだろな。そして僕も、ジェンキンスさんがバイク乗るの、うれしいよ。

死ぬときは死ぬが…良寛も

こないだテレビで、医師不足でどうしようかという番組やってたね。

 またダガシがものすごいこといってしまうけど、…長生きを目指さない、ということ思えば、覚悟すれば、医者はそんなにいらないんじゃないろうかな。
 なにがなんでも長く長く、長く生きることに価値があるんだ、と思ってれば医療はどんどんどんどん、どんどんどんどん膨らんでくろうな。

 人間、死ねったってすぐ死ねないよ。死のうと思ったってすぐ死ねないよ。
 生きたいと思ってたって死ぬこともある。…いつ死ぬかなんて、分からんのじゃないろかな。寿命って言葉もあるよね。

 良寛も言ってるね。死ぬ時は死ぬがよかろうってさ。

 悔いなく生きる。これを目指して生きてれば、無闇に医療を膨らますこと、しなくても済むのじゃないろかな。…ゴメン。

火の中に飛込んでゆく商売の潔さ

消防署の前を車で通ると、消防士の人たちが訓練してるのをよく見るね。
 その訓練って、社会に対して、安全をアピールしてる事にもなるんだろなと思うよ。
 力強さとか、真面目さとか、勇気とかを、あの訓練を見ると感じるもん。

 なんてったって、火の中に飛び込んでゆく商売だからね。大事な自分の身を使って、知らない誰かのためになろうとする気持ち、尊敬するよ。

 そういう潔さみたいなものが、役所だとかの同じ公務員の持っている、腐敗した感じを受けないんだ。
 こないだ飲酒運転で消防署員が捕まったニュースあったけど、そのくらいで、消防署には金にからむ汚職みたいなこと聞かないね。
 やっぱり、人のために、社会のために、自分の体を使っている人たちの集まった集団だからかな、真面目なんだと思うのは僕だけかな。
 それとも組織だから、消防の組織の中でも、キレイなことばかりじゃないんだろうかね。…まあ、それでも、消防士の人たちには、頭が下がります。

オムツ交換のゴム手袋、はずすタイミング

ホームヘルパーで利用者さんのところに行って、おむつ交換の時は、薄いゴム製のピッタリした手袋してやるんだけど、お尻のまわりを拭きおわってキレイにして、新しいおむつ付ける前に、僕、手袋ぬぐんだ。

 肌に触わりながらする仕事だから、利用者さん、ゴムの感触がいやかなあ、と思って。
 もちろん便や尿には、素手では触らないようにしてるよ。
 万が一の感染症があるかもしれないからね。もし僕が何かの菌に感染してしまったら、それを今度はまた、他の利用者さんの方に染つしてしまうかもしれないからね。
 やっぱり、自分自身が健康じゃなきゃ、人様の健康を増やすなんては、できないろうからね。

 ただ、必要のないところにまで手袋して介護するのは、これはただの怠慢だろね。
 よくいるんだ。ハウスクリーニングの業界でも、スーパーの食品売場でも、手袋しなきゃならない時にしないで、はずさなけりゃならん時にはめたまんま、って人たちが。
 理由を聞くと、付けたりはずしたりするのが面倒臭いと。

 まあ、ハウスクリーニングも介護ホームヘルパーも、サービス業だから、相手を気持ち良くさせてナンボだからね。不必要にゴム手袋はめたまま身体に触れるのは、何だかチガウと思ってるだけなんだ。
 そうして、必要な時は必ず、手袋するようにしてるよ。

ダガシの生活感、丸出し?

20061013141840
こないだ秋晴れの天気いい日に、布団干したんだよ。ベッドのマットがヘタってきたから、布団敷こうかなと思ってさ。

 この写真、昭美堂のお知らせブログに、秋の天気がいい季節の、布団干しのこと書いて載せようと思ったんだけど、あまりにも僕自身の生活感出すぎてるかなあと思ったから、母さんだけに見せるね。

好きな人がしあわせになると嬉しい

 きょうの『芋たこなんきん』で、田辺聖子の主人公が言ってたね。
『あの人には、可愛げがある」と。
 当たり前だけど、シナリオライターも、田辺聖子を全部読んでたね。

 好きなものの一つが、自分と一緒だとわかると、嬉しいね。
 それと、好きな人が結婚するときの話は、見てて聞いてると、やっぱりなんだか嬉しいもんだね。

 今日は、メール送ったのに、今見たら、出てなかったから、パソコン使える所で書きました。

ダガシのブログの本棚・4です

 久しぶりに母さんに、僕が読み続けたいブログを見つけたから教えるね。
『ホームヘルパー日記』というブログだよ(※残念ですがこのブログは閉鎖されているようです)。
 今年の6月にホームヘルパーになったばかりの女の人のブログら。
 このブログ読んでると、人に厳しいダガシでも、この人になら、僕も介護してもらいたい…、なんて思える人みたい。
 自分の仕事に、日々、フレッシュな疑問をもち続けて仕事している姿勢に共感するんだ。
 ユーモラスな文体もいいね。中身も具体的な介護の事が書いてあるよ。あんまり具体的すぎるような気もするような、しないような…ハハ。
 この人の、一生懸命で、「どうにかしてあげたい」という気持ちが伝わってくるブログらよ。
2006年3月14日追加で書いてますけど、この人、いそがしくて時間なくて、今日でブログ書くのやめるんだって。潔いなあと思ったよ。そうして、辞めますとわざわざ書くんだから、礼儀正しいなあとも思いました)


 もうひとつ、
ヘルパー休憩室』というホームページ。
 ホームヘルパーや介護職の人たちの、日常的な悩みの掲示板だ。
 読んでいると、幼稚だなあ(失礼…暴言だ!)、と思うところもあるけれど、人様の悩みは、僕にとっても、ある意味参考になると思ったよ。

笑顔でテレビで困ります?

前から思ってたんだけど、街で歩いている人がテレビのインタビュー受ける時、みんな笑うんだ。
 嫌な事、困った事の時でも笑ってるんだ。

 きのう、北朝鮮が核爆弾の実験した事どう思うか、ってインタビューでも、笑いながら喋ってるぜ。
「困った」と言いながら笑ってる。…ツカレルよ。
 それってたぶん、笑顔にする事が癖になってるんだろな。笑ってれば済むと思ってるんだろな。…いつも笑顔、ということはそれは、無表情と同じことだよ。

 日本人だけかと思ったら、韓国人もだった。薄笑いしながら「困りました」なんて、顔の表情と言ってる言葉と、チガウ! ココロのビョウキか?
 そういう雰囲気を感じる街は、新潟市と京都市が特にそうだと思ってたけど、今、全国どこでもだよ。
 何かを質問すると、意味ない笑いをしながら、曖昧な答えだけしかしないで、自分の身を守ろうとする卑怯な感じ、コズルイ感じ受けるよ。奴隷根性に似てるよ。

 ハナシ変わるけど、核実験する権利が、北朝鮮にあるのかないのか。独立した一国に、兵器を持つ持たないを決める権利がないのかあるのか。北朝鮮に核を持つなと言うのであれば、アメリカやその他、核爆弾を持っている国にも同じ事言うのがスジだろうし、日本は世界に、そういうこと言うべきだろか、言えるだろうか?…こういう事は一概には言えないけど、…笑い顔とは別問題だよ。

 まさか、笑いながら「困ります」なんて言うのは、テレビに映るの、単に嬉しがってるのらろうか。
 そうであれば、そういう人間には、選挙権をやるな! なんてまたスジミチはずれたボウゲン吐きたくなってしまうよ…困った!

漱石と、良寛の、嫌いなもの

こないだ、新潟の人が書いた、良寛と夏目漱石の本を読んだよ。
 僕、漱石はそれほど興味ないんだけど、良寛すきなんだ。いや、漱石も、「猫」と「坊っちゃん」は好きなんだけど、他のむずかしいこと書いてある小説は、あんまりね…ハハ。

 でも、この本読んだら、漱石にも、また親しみわいてきたよ。悪妻と言われてきた漱石の奥さんにもね。
 漱石の気短かさにも、ちょっぴり共感したなあ…ヘヘ。

 漱石、とても良寛が好きだったんだってさ。だから、良寛の書が欲しくて欲しくてたまらなくて、新潟県の知り合いに何度も頼んで、やっと手に入れたんだって。
 それほど、良寛の生き方っていうか、良寛の持つ思想に共感したんだろな。

 そして、書いてあったんだ。良寛と漱石が嫌いなもの。…
 それは詩人の詩、書家の書なんだってさ。
 本職の玄人の臭みなんだってさ。
 すれからしにならない素人の尊さを愛していた、と書いてあった。

 まさしく僕も、その言葉に共感するよ。
 何事にも、いつまでも、初心っていうか、ういういしさっていうかを、忘れずに持ち続けたいなって思うよ。

野口五郎の新しい魅力見た

今日、野口五郎を久しぶりに観たな。
 NHKの日曜日の朝にやっている「食べもの新世紀」という番組で出てた。
 岐阜県の栗を紹介する日だったよ。野口五郎も岐阜県の出身なんだね。

 野口五郎って僕、理屈っぽくて、あんまり好きじゃなかったんだ(自分のこと棚に上げてるけどさ)。
 それが今朝のテレビの野口五郎は、理屈っぽさがユーモアになってて、アタマいいなあって思ったよ。何しろ自分の言葉で、理屈を語ってたからね。
 それに、栗の自分の子供の頃の思い出を話していて、それが実感こもってて、可愛かったよ。

 栗きんとん食べる時の表情や、おいしさ表わす言葉は、グルメ番組に出るタレントより何倍も、おいしさの実感、感じたよ。
 僕にとっての野口五郎の、新しい魅力ハッケンしたな。

 もしかして野口五郎、料理番組で、新しい分野開拓していくかもね。

夏のなごりがドブの中に

20061007063143
ドブ掃除しているダガシらよ。
 左手に握ってる長い棒は、側溝清掃用のスコップの柄だよ。
 右手には小さいシャベルを持って、ドブの底にこびりついてるゴミをこすり取って、そのゴミをスコップに移してるんだ。

 この時期のドブの中は、蚊やハエやクモが沢山いるんだね。1000匹は、いたな。
 なんだか側溝の中が、夏の名残だね。この夏の虫、あんまりいい虫じゃあ、ないけどね。

臭さと可愛げが、オトコの必需品?

NHKの朝の連続テレビ小説っての、田辺聖子の伝記みたいなの始めたね。
「芋たこなんきん」なんて変でオモシロイ名前だなあ。

 しかし、あの女優、役にはまってるよ。臭さと可愛げがある。そこがいいね。えーと…名前が出てこない。関西の、有名な喜劇役者の娘らよね。

 僕、田辺聖子のエッセイで教えられた事あるんだ。
 オトコは、可愛げがなければならぬ。って書いてた。
 それ読んで僕、俺も可愛げある男にならんば、…と思ったよ。
 といって、僕が可愛げあるオトコになってるかどうかは自信ないけどさ。

 けど、田辺聖子のエッセイ、おもしろいね。僕、ぜんぶ読んでるよ。カモカのおっちゃん、って出てくるんだよね。
 あ、いま思い出した。あの女優、藤山直美ら。父親は藤山寛美だったね。
 そういえば、カンビも、クサクて可愛げある役者だったな。

景気良くするには道や箱モノでなく

景気を良くするためには、田舎の人は、税金を使って道と建物作るしか思いつかないみたいだな。テレビ観てるとそういうハナシばっかりでツカレルよ。
 高速道路と公共の建物作れば、建設現場で働く人がウルオウらしいね。
 そうすれば景気が良くなると思ってるらしいな。

 そうじゃないよ。…そうじゃない根拠はすぐには分からないけど、直感でそう思うんだ。
 景気良くするためには、道か建物作るしか能がないみたい。アタマ使わないんだな。

 といって僕も、すぐどうすればいいかは分からない。
 かといって、福祉にもっと税金投入したらいいわけでもないよ。
 福祉業界には、税金を食い物にしてる意識もなく、無駄遣いしている個人や組織がウジャウジャいるよ(その意識してない事に問題があるんだけどさ)。
 だから、福祉に税金をもっと使えとは言いたくない。今より少なくして、やり繰りしてほしい。それは医療の場合も同んなじらよ。

 …ああ、景気良くするための税金の使い方のハナシだ。例えば、…
 公務員の数を今の十分の一にして給料を適正に下げたいよ。
 政治家の数も今の三分の一にしたいよ。あるいは逆に、今の三十倍の数にして、誰もが交代で国会議員をやってみる、何回もね。…そうすれば、世の中良くしようって気持ちが出るんじゃないろかなと思うんだ。…政治家の数の事は僕、そんなふうに考えてもいる。
 そうして、国の土地を売って、国の借金を返して。
 その後は、消費税をなくして、いろんな税金を、これまた今の三分の一にしたなら、景気もちょっとは良くなるんじゃないろうか?
 机の上の幼い理論かな。

合併は違いが分からない大雑把さ

平成の大合併、なんてのは僕、大反対なんだ。
 何故かというと、地名が無くなるからだよ。

 その他の細かい事は、役人が言うのに僕めずらしく賛成なんだけどさ。…でも地方自治体が合併する理由の、無駄遣い無くす事はまるで直ってないね。だから尚更僕、合併なんて口ばっかりで、反対なんだ。

 せめて、テレビラジオと新聞雑誌、電話帳、ほか行政の地域を表す時は、昔の地名を使う事にしてくれ。
 行政サービスする場合だけ、広く括(くく)ってムダをはぶいてさ。
 地名あらわす時は、昔のいい名前使えよ。

 だって例えば、新潟市なんてニュースでいっても、豊栄なのか白根なのか巻なのか亀田なのか黒崎なのか、それとも旧新潟市なのか、さっぱり分からないんだもん。

 そんなことしてると、人間が、大雑把になって、アタマ悪くなっていくよ。

遅咲き…、じゃないのか、ジワジワと

BLENDYってコーヒーの広告にずっと出てる女の人、…んー、名前出てこない、あの、映画『時をかける少女』に出た女優。あの原作者の名前さえ出てこないけど…あ、筒井康隆だ。

 その女優の事なんだ。そのひと、色っぽくなったね。
 あんまり他の番組やCMに出なかったけど(声がかからなかったのか)、たぶんそれが良かったんだろね、彼女、古びないんだ。
 美人になったよ。キレイだなあ、と思う。

 売れすぎないって大事だなと、昔聞いた事あったけど、本当なんだね。

 さて、もう一度彼女を、階段登らせるには、どうすればいいもんか…、僕にそういうこと考えさせてくれる楽しみくれるんだから、そういう意味でも、彼女は才能あるんだろね。

 そして、彼女を広告に使い続ける、あのコーヒーメーカーにも僕、共感してしまうから、つい買ってしまうんだ。
<<