FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

初めて三枚刃の髭剃りを使ってみたこと

 髭剃りをするのはシャワーを浴びるときに100円ショップで買っているT字型かみそりで剃る。
 ケチだから100円ショップで買うし、五個入って百円で売っているかみそりだ。その一つを五日くらいは使う。でも五日目くらいから髭をそるとあごや鼻の下がかみそりで傷がつく。そのころになると、かみそりがかすかに錆びるか、刃の先がギザギザになるのだろう。去年までは七日は使っても傷つくことはなかった。刃の質が落ちたのだろう。肌が傷つくようになると、新しいかみそりをおろす。
 このあいだ100円ショップの髭剃りの買い置きがなくなったから、ドラッグショップに寄ったときに髭剃りのコーナーを見た。髭剃りというのは高いものだとわかった。替え刃式のものは本体が三千円以上するし、替え刃は三十枚入っているのが、たしか三千円もした。うろ覚えだから間違っているかもしれないが、そのくらいの値段だった。替え刃は一枚百円だ。それでたしか四五日持つと書いてあった。それでも高い。
 いろんな髭剃りを見ているうちに、百円ショップではない髭剃りを使ってみたくなって、ドラッグショップの髭剃りコーナーで一番安い、四個入って298円のを買ってみた。
 さっきシャワーを浴びたときに使った。三枚刃で初めて剃ってみたが、よくそれた。力を入れなくても、すいすいと肌の上をすべった。百円ショップのかみそりは二枚刃なのだった。
 しばらくこれを使ってみる。刃の持ちはどうかわからないが、慣れたら、三枚刃を使いつづけるかもしれない。

あきたこまちの味はそれほどではない

 あきたこまちを買った。ラジオで秋田放送をよく聴くから、秋田県の何かに接したかったのだ。新潟放送のラジオのアナウンサーの物言いは芝居がかっていて不自然で、敬語の使い方が間違っていて、それを自分でわかっていない頭の悪さが気持ち悪くて、それはNHKも同じなのだが、聴いていて腹が立ってくるのだが、秋田放送も「させていただきます」を言うのだが、自分を良く見せようという芝居がかりの物言いはBSNやNHKより少ないから、聴いている。それで、あきたこまちを食べてみたいと思ったのだ。
 ヤフオクで10キロを買った。玄米10キロで2980円だ。精米は無料でしてくれて、送料は740円で、10キロのあきたこまちは3700円くらいだ。それほど高くはない。コシイブキとおなじくらいだ。
 届いたから、炊いて食べてみた。サイトでうたっているほど美味くはなかった。ねばりもないし、甘みもない。米の粒はサイトで言っていたとおり大きかった。だが米tの粒が大きいということが良いことかは、良いことではないと思う。おかずといっしょに米を噛んでいると、米の粒が口の中で邪魔になるのだ。
 新潟県の新しいコシヒカリの新之助という米も粒の大きさを宣伝しているが、私は今までの米の粒の大きさがよい。慣れの問題かもしれないが。
 注文したあきたこまちは、お客さんに配って味見してもらうつもりだったので、このあいだ配った。
「それほど美味しくなかったですよ」と言って、配った。
「そうらこてや、にいがたの米を食てれば、秋田の米なんかうまくねえこてや」とお客さんは言った。

チラシ不要にしようと思っていること

 チラシを見るのは好きだった。だが今では見たいチラシが入ってこない。
 新聞をとってないから、入るのはポスティングチラシなのだが、去年くらいから投げ込みチラシはめっきり減った。前は宅配ピザと宅配寿司のチラシが毎週入っていたが、今は見ない。ピザや寿司を頼む人がいなくなったのだろう。だからチラシを入れなくなったのだろう。
 新規オープンの美容院やラーメン店の手配りチラシは、手作り感があって見て楽しいのだが、そういう店も去年くらいからチラシが入ってこない。不景気で店をオープンさせる気力がないのだろう。
 今郵便受けに入ってくるチラシは、フリーペーパーと、売り家のチラシがときどき入るだけだ。フリーペーパーは一昨年くらいから、読むところがなくなって、すべて広告になっている。それも不動産の広告だらけだから、私には用がない。前は求人広告があったが、去年くらいから求人広告も少なくなっている。不景気で人を雇おうとする会社が減ったのだろう。そしてフリーペーパーで求人しても効果がないのだろう。
 チラシの大事な要素は裏が白いことだ。メモ用紙になるからだ。でもここ五年くらいは裏が白いチラシはほとんどなくなっている。両面印刷になっている。見て楽しいチラシもなくなっている。それならばただの紙ゴミを投げ入れられていることになる。
 だから郵便受けに「チラシを入れないでください」と書こうと思いはじめている。

バイクの冬越し2016年とビールの飲おさめ

 昨日、オートバイを冬越しさせるために実家に乗っていった。週間天気予報で11月12日は晴れて暖かくなると出ていたから予定していたのだ。
 はじめは早く着こうと思って広い国道を行こうかと考えていたのだが、海が見たかったから海岸沿いの道を走って帰った。すこし寒かったけれど海の道を走ってよかった。来年の春にまた乗る。

 今夜は夏の残りのビールが一本冷蔵庫に眠っていたのを、飲んだ。昨日勝っておいた牛肉のステーキ肉を焼いて食べた。少し高い肉を買ったのだ。牛肉もビールもうまかった。
 また来年の春にビールを買って飲む。

バイクの冬篭りをさせる予定をたてる季節

 もうずぐ十一月の中旬なのに昨日と今日と晴れの日がつづいて、二日つづけて洗濯をした。
 昨日は、一昨日エアコンクリーニングをしたときに床に敷いた布シートと、少したまっていた下着や靴下を洗った。
 今日は作業するときに穿いていたズボンやシャツやハンカチやバスタオルを洗濯した。

 もうすぐ晴れた日に、バイクを実家に持って行かなければならないのだが、仕事が小間切れに入っているから予定がたたない。
 今年はもしかして十二月になってからオートバイを冬ごもりさせるかもしれない。冬ごもりさせる時期はいつでもいいのだが、実家に乗って行きたくない。寒い中にバイクに乗る寒さが身にこたえるのだ。
 三十代までは十二月半ばでも一日乗ってもどうということはなかった。むしろ楽しかった。一昨年までは一月や二月の真冬でも、晴れ間に一時間くらいは乗った。それを思い出せば、まだまだオートバイに乗れるぞと自分に言い聞かせる。だが去年くらいから、てきめんに寒さに弱くなっている。朝、目が覚めても寒いと布団から出られなくなっている。もともと冬が嫌いだったが、もっと冬場が嫌いというか、恐ろしくなっている。できるはすもないのに、暖かい場所に引越したいという気持ちになっている。歳のせいかもしれない。
 冬場にバイクに乗るのは、寒いのを我慢すれば、雪が積もらなければ走れる。そして実家のほうに雪が積もらなければだが。

右腕の痛みはオートバイのため

 右の手首からひじにかけての腕の上側が痛い。バイクに乗ると痛くなる。アクセルを回すには手首を上げる動作をする。それを何百回もすることになる。疲れるから筋肉痛になる。それにその腕の部分は普段使わない筋肉だ。
 バイクに乗って、信号で止まると、右ひじから下の腕がこって疲れていて、何回もひじを回す運動をする。五十歳を過ぎてからそうなった。
 今右腕が痛いのは、一昨日バイクに乗ったからだ。一日置いて筋肉痛になるのは、それも年のせいだ。運動神経も、筋肉の強さも柔らかさも、衰えているのを自覚している。でも自覚していなかったら、気をつけないから、いつ事故になっているかわからない。
<<