FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

尻の痛み

 先月坐骨神経痛というのになりそうになったが、二ヶ月間自己治療して少し良くなった。
 去年十二月の初旬に尻の穴の周りがチクチク痛くなった。火傷したみたいな痛みで、その何日か前に実家に行ったときにホットカーペットに座っていて尻の穴まわりを火傷したのだろうと思った。
 でも鏡でそこを見ても赤くなっていない。そして一週間くらいしてまた実家に行ったら、尾てい骨が猛烈に痛くなった。立っていられないくらい痛いから、家の中の片付けも掃除もしないでベッドで半日横になっていた。ベッドマットが固めなのだが、仰向けに寝ていると尾てい骨が痛くて、横に向いて寝ていた。それまではベッドマットの固さは丁度良かったのに。
 一日たつと尾てい骨の痛みはおさまったから、少し物を片付けて、新潟市に戻った。そうしたらその夜また尻が痛みだした。尻の肉がというより尻の筋肉が痛みだして、立っていられないくらいに痛くなった。
 ネットで調べたら坐骨神経痛というのがあって、それは治らない病気というか怪我で、上手に付き合っていかなければならないらしい。一番に思ったのは、これでもうオートバイに乗れないのかということだった。
 尻を着いていると痛いから胡坐をかけないし、椅子に座れないから、朝食を食べるときはキッチンの流しで毎日立って食べた。食べおわったらすぐにベッドに横になってじっとしていた。一月は仕事は少ないからよかった。
 立っているときは尻はあまり痛くない。でも寝転ぶと痛いのだ。そして息を吸うときに尻に痛みが走る。呼吸をしないわけにはいかないから、できるだけ力を入れないで息を吸うようにした。
 三日くらいそうやって横になっていたら尻の痛みは減った。一月は仕事は少ないけれど、予約を受けている仕事もあるから、お客さんのところに行った。作業のときは気が張っているから痛みはそれほど感じないが、帰りの車から降りると、とたんに尻の肉が痛んだ。
 実家にまた行く用事があって行ったら、その夜に激しく尻が痛んだ。それでわかった。二時間も運転してシートに尻を圧迫しているから尻が痛くなるのだと。寒さと圧迫で尻の筋肉の血の巡りが悪くなって、尻が痛くなるのだろうと。
 次に実家に行くときに、尻の両側と腰に使い捨てカイロを貼って暖めて、信号で止まるたびに腰と足と上半身を動かして血行を良くした。足元に温風を出して足から暖めた。それまでは日本酒やジュースを助手席の床に置いて運転していたから、それらが温まらないように温風は出さないで走っていたのだ。でも坐骨神経痛にはかえられない、酒もジュースもすこしぐらい温まっても仕方がない、ヒーターを一番熱くして温風を足元に出しながら走った。
 そうしたら二時間車で走って実家に行っても、尻は痛くならなかった。やっぱり冷えと尻の圧迫が悪かったのだ。その前に、列車に乗って眠るときに使う首まわりに巻く枕を百円ショップで買って、シートに置いて、その上にクッションを置いて座って運転した。U字型の枕のUの上の切れ目を尾てい骨の下にするようにして、尾てい骨に圧迫しないようにして運転した。それも良かったのだろう。クッションは低反発のだが、低反発は皮膚を圧迫すると思うから血行には良くないと思うが根拠はない。
 それから毎日朝起きたら昨日の使い捨てカイロは冷えているから、新しい使い捨てカイロを腰に二つ貼って過ごしている。そうしたら尻はあまり痛くなくなった。右の尻だけときどき少しだけ痛いときもあるが、我慢できる痛みだ。
 このまま養生していけば、春になったらオートバイに乗れると思う。安心した。
 今日、お客さんに尻の痛みのことを言って、尻に貼ったカイロに手を触らせた。おばあさんのお客は笑った。

 追記。二月二日に書いている。
 一月二十九日(日)には右の尻の痛みもなくなった。一日座っていても尻は痛くなくなっている。坐骨神経痛も治ったらしい。このまま養生していけば、春になったらオートバイに乗れるだろう。安心している。
 それでもずっと尻と腰の間くらいの位置に使い捨てカイロを貼って過ごしている。春になる暖かくなるまで念のためにカイロは毎日貼りつづける。いや春を過ぎてもカイロは貼りつづけたほうがいいと思っている。だから使い捨てカイロを買っておこうと思っている。

煙草のみは自己責任で吸ってくれ

 政府が飲食店の喫煙を禁止する法律を作ろうとしているそうだが、どっちでもいい。私は煙草を憎んでいるし煙草を吸う人間も大嫌いだが、そもそも外食をしないから、飲食店には行かないのだから、飲食店での煙草の害は関係ない。
 毎日の仕事や日々の人間関係で、私は他人を信用できないようになっているから、飲食店で出される食品など汚くて危なくて食べられないと思っているから、外でものを食べたくないのだ。だから飲食店で煙草を吸おうが麻薬を吸おうが、私には関係ない。勝手にやってくれと思っている。
 コンビニの入り口の外れに置いてある灰皿にも近づきたくないから、いつもそこから離れて車を停める。煙草など世の中からなくなってほしいと思っている。
 煙草吸いの父親が脳溢血でコロッと死んだから、煙草のみはゆるやかな自殺の手段だろう。だが伏流煙で自分以外を道連れにするのは自分勝手なことだ。人様に迷惑をかけないように、窓を閉めきって換気をしない部屋で、思う存分煙を吸って死ねばいい。

今のアナウンサーたちの物言いは田舎者の物言い

 新潟県の民法のアナウンサーの活舌が悪すぎる。ラジオでも、たまにお客さんの家で見るテレビでも、アナウンサーたちは舌ったらずになっている。
 私はアニメ声が嫌いなのだが、アナウンサーたちがアニメの真似というか、舌ったらずにして子どもっぽくしているのは、かわいこぶって好かれようとしているのだろう。失敗をごまかすつもりもあるだろう。自分の低い人間としての本質を隠したいのだろう。その卑怯な無責任な根性が見え透いて反吐が出るのだ。

 活舌が悪いのは新潟県の田舎の民法のアナウンサーだけではない。NHKのアナウンサーもそうだ。活舌だけではない。彼らは言葉のアクセントも正確ではない。それは言葉を知らないからで、それは教養がないからで、それは親の躾がなってないからだ。
 しかしほとんどのアナウンサーがそうなのだから、その世代の人間が、教養がないし、躾がなっていないのだろう。いや子どもの躾ができないのだから、親のほうも教養がないし、親の親からまともな躾をされていないのだろう。だから大昔からほとんどの人間は教養はなく躾もなっていなかっただろう。そして今は、とくに教養がなく躾がなってない世代の人間がアナウンサーをしているのだろう。いや、教養があって躾をされている人が、そもそも日本にいなくなっているのだろう。

 前に書いたが、二年前くらいからアナウンサーたちの二重敬語がひどくなっている。それは十年くらい前のブログ炎上が流行ったときの対処で、ほとんどのブログがいやらしいくらいの謙譲の物言いで、自分を偽りの慇懃無礼な言葉で飾ってブログを書くことになったけれど、それが現実の世の中に移って、人の顔色を見ることが生きるために良いことだという風潮になっている。
 空気を読むなどという、世渡りを上手にすることが人間としての価値があると思っている、世俗的な低俗な欲求にまみれている言葉も出てきている。

 そしてもう一つは私の推測だが、浅はかな政府の官僚たちが、暴力追放の名の下に、しつこいくらいの丁寧語を使うように決めて、放送局に二重敬語でも何でもいいから丁寧な物言いをしろと命令通達をしているのかもしれない。

 でも今わかった。
 官僚たちは大学受験が上手なだけの浅はかな頭の悪い人間どもだし、アナウンサーたちはもともと頭が悪いのだし、どっちも近場の自分の利益を追求する泥棒根性の人間なのだから、表面だけ取りつくろっているのだから、彼らのやっているラジオやテレビの今のしつこい敬語と丁寧語は人間として間違っている。
 本来の人間と人間との関係に基づいた敬語の喋り方に戻すべきだ。

クレジットカードのS枠を増やすこととSEOは似ている

 買い物はクレジットカードではなく、ほとんどデビットカードを使っている。
 クレジットカードの枠が5万円しかないからということもあるが、デビットカードを使えば銀行から即引き落とされるのが気持ちがいいからだ。
 枠の金額のことだが、S5ということは、ひと月では枠の半分の2万五千円しか使えないということだが、それもクレジットカードを申し込むまでは知らなかったのだ。それほどクレジットカードの知識はなかったのだ。
 そしてそのカードの使い方で生活は問題はないのだが、インターネットを見ているとクレジットカードの枠が5万円しかないというのは異常なことだと知ったから、そしてそれは私の属性がとても悪いということになっているから、悔しくて腹が立つ気持ちはある。だから月の枠を増やしたい気持ちはある。
 クレジットカードを申し込んだときの私の属性は、五十歳以上の超高齢スーパーホワイトで、自営業で、アパート暮らしで、独身で、だからまともな社会人としては年齢相応の生き方ではないのだから、S5になるのは仕方がない。

 SEOというものがあるが、インターネットの検索エンジンの表示順位を競うことだが、クレジットカードのショッピング枠を増やすこともSEOに似ていると思う。
 ショッピング枠を増やす必要は私は今はそれほどないのだが、増えないと男の沽券にかかわるような気がして、何かに負けるような気がして、S枠を増やすことや、他のクレジットカードに受かりたいと思うようになっている。そのためにこのごろネットでその勉強をしている。その勉強はSEOの自主勉強をしていたときみたいに何だか楽しい。その勉強は単純で、それほど頭を使わないでいいからだろう。
<<