FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

八月の終わりに生の大根が不味くなったから沢庵に替えた

 今年は大根が安く売られ続けているのだが、このあいだ買ったのがとうとう中身が全部まだらに透明になっていた。ネットで調べたら大根の水晶現象というらしい。七月に二回、尻尾の方がそういうのに当たったが、悪かった大根はその二回だけで、暑くなってもまあまあ食べられる大根が売っていた。
 でもこのごろは夏のさなかでもう大根も正常な状態を維持できなくなっているのだろう。ネットのチラシを見ると、まだ明日の八月二十七日の日曜日の日替わり商品に128円で売られるが、また買っても食べられないものを買うことになるかもしれないから、今年は冬になるまで生の大根は買わないことにする。
 それで今日、沢庵を買ってきた。スーパーの冷蔵コーナーに売っている一本物で198円のものだ。常温で売っていて98円のもあるが、中国製で、そして常温で保存できるということは保存料がたっぷり入っているということで、体にいいことはないと思って安いのは買わなかった。
 冷蔵保存の198円のは去年も食べたのだが、去年より不味く感じる。水っぽい。歯ごたえもない。今まで生の大根漬けを食べてきたからそう思うのかもしれない。でもこの季節に大根を食べるのなら、仕方がない。今年の十二月にはまた生きのいい大根が売られるだろう。それまであと三ヶ月は沢庵のおいしさを感じようと思う。

いわしとタコの旬は夏

 魚も肉も夏場は脂が乗らないから不味くなるが、スーパーの魚売り場のいわしが丸々としているのを見て、ネットでいわしの旬を調べたら夏だった。それでこのごろは魚売り場でいわしを頭と内臓と尻尾を取ってもらって買ってくる。
 パックのラップを開けて、臭い消しのために魚に酢をたらす。ラップを戻して電子レンジにそのまま放りこんで、二匹なら二、三分熱すれば、焼き魚と煮魚の中間のようなものができる。塩を振ったり醤油をたらしたりして食べる。うまい。
 タコも夏場が旬だそうだ。蒸しタコの足のほうは百グラムで240円くらいだが、煮タコの頭のほうなら百グラムで128円くらいで安い。タコは頭に内臓が詰まっているから頭は臭いと思い込んでいたが、食べてみたら不味くはない。足ほどの歯ごたえはないが、十分うまい。
 だからこのごろは、いわしとタコをよく食べている。

右腕の筋肉が落ちた

 右ひじを傷めてから二週間だが、二週間腕を動かさないと筋肉が落ちたのが明らかにわかる。左うでと太さを比べると右うでは一回り細くて若い女の腕のようになった。
 小学校五年のときに右ひじを傷めたときもそうだったのだろう。でも子供だったから左うでの筋肉はそれほどなかったから右と左のうでの太さはかわらなかったのかもしれない。いや右うでを石膏で固めていたから腕が細くなったのがわからなくなったのかもしれない。でも石膏で固めたかどうかは本当かどうかは忘れた。
 今は右ひじが伸びるとの曲がるのは、正常が10とすると、曲がりと伸ばしはマイナス1くらいに復活している。でも完全に右ひじが曲がらないから右手で顔を洗えない。重いものを持とうとしても本気で持てない。だけれどお客さんの家で掃除機とモップを持つのはできた。それくらいの重さのものなら動かせる。
 オートバイに乗るのはまだ無理だろう。今度晴れたらエンジンだけでもかけておこうかと思っている。

右の手の指が動くようになった

 動かなかった右手の指が動くようになったからキーボードを打ってみる。
 まだ痛いが、右の手首もひじも肩も普段の五割くらいは動くようになった。
 指だけは痛くないし、普段の八割くらい動くようになった。
 右ひじは九十度も曲がらないから、手で箸を持っても口まで届かない。手首も満足に動かないから、なおさら箸の先は口の方向に来ない。
 でも今夜は痛いながら手首とひじをむりやり曲げて、首を突き出して、箸を口に届かせて食べた。今日の昼食までは左手で食べていた。
 医者からもらった薬を飲んでいるから酒を飲んでいない。薬のせいなのか飲まないでも眠れる。

 昨日の十一日は車を運転できた。だからゆっくり走ってお客さんの家に打ち合わせに行った。作業はまだ当分できそうにない。

右腕が動かないからメール投稿

 右ひじを傷めて右腕が動かなくなり、キーボードが打てないから、携帯電話からメール投稿する。
 今日医者に行った。レントゲン写真を6枚撮った。
 すぐには治りそうもなさそうだ。

暑い時期はパンツをはかないで過ごす夜

 夏の暑い時期は金玉も熱くなる。金玉は熱くなるとその性能はいちじるしく落ちるという。性能も落ちるだろうが、皮に汗がたまってかゆくなる。だから風通しをよくしたい。でもズボンやパンツという西洋から来た履き物では風は通らない。だから汗をかいて湿気がたまって、かゆくなる。
 昔の日本は、ふんどしがあったし、着物があった。風が通る。でも今の日本でふんどしも着物も着ることはない。着て仕事に行ったら、あいつは変わり者だといわれて社会生活を送れなくなる。だから男は金玉に汗をかいて、かゆくなる。女も昔は腰巻で過ごしたから風通しはよかった。でも今は布でしめつけている。だから暑いときは汗もかくだろうし、かゆくもなるだろう。今の日本で生きていくには仕方がない。
 だから僕は、この暑いときは寝るときくらいはパンツをはかないで、下半身は何も着けないで寝たいのだが、万が一火事になったら寝ている格好で外に出なければならない。パンツくらい穿いてないと金玉を出したまま外にでて、近所の人と金玉を出したまま一緒にいることになる。それは恥ずかしいから、仕方なくパンツをはいて寝ている。
 寝るときはパンツをはかなければならないから、一年のうちの一番暑い時期の今頃の夜は、寝るまでの時間はパンツを穿かないで過ごす。

今年2017年の夏は玉子を冷蔵庫に入れる

 一昨日と昨日と今日、割った玉子の黄身が割れていたから、腐っているかもしれないと思って捨てた。去年までは夏でも冷蔵庫には入れないで置いておいたが、何ともなく食べられた。今年は暑いから傷んでいるのかもしれない。消費期限ぎりぎりだからかもしれないが、玉子は消費期限が過ぎても加熱すれば食べられると思うが、割って黄身が崩れていたら、やっぱり怖い。
 そして今日水曜日のスーパーの玉子の特売で98円だから、買ってきて、何年ぶりかに玉子を冷蔵庫に入れた。来週の九日の水曜日にも買うだろう。それも冷蔵庫に入れるだろう。その次の十六日の水曜日も買うだろうし、また冷蔵庫に入れるだろう。だけれど八月下旬には涼しくなっているだろうから、冷蔵庫には入れないだろう。
<<