FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

一年ぶりくらいの笹川流れと、地震の府屋のこと

 このあいだ久しぶりに笹川流れに行って、その先の府屋にも行った。
 先月の6/18の山形県堺の大きな地震のあとを見たいと思ったのだ。
 笹川流れに行くのは一年ぶりくらいだ。今年の春に行こうと思っていたが、仕事の都合で時間が取れなかったり、腰が痛かったり、雨が降ったりで、行けなかった。それでこないだ行ったのだ。気持ちよかった。
 そしてその先の府屋に行った。その前に府屋の先の岩崎という部落に入ったが、家は壊れていないし、ふだんどおりの雰囲気だった。ちょっと戻って府屋に入ると、古い家は屋根瓦が落ちていた。でも思っていたより、被害がある家は少しだけだった。
 道を小さい荷車を押している老婆がいた。私はオートバイを止めて、ヘルメットのシールドを上げて、すみません、岩崎という部落はここではないですかと聞いたら、老婆は後ろを指差して、向こうですと私に教えた。
 私は自分の芝居がかった質問に自己嫌悪になって、素直に、この間の地震はどうでしたかと聞いた。そうしたら、老婆は喋って教えてくれた。瓦がたくさん落ちて、役場の人が片付けてくれたと。他にも老婆は喋りたがっていたが、私は自分が、よそ者が野次馬根性で興味本位で聞いていると思って、自分が嫌になって、時間をもらって、ありがとうございました。頑張ってください。と言って、バイクのエンジンをかけて出た。私にとって、老婆が元気だったのが救いだった。
 久しぶりにバイクに乗って、股関節の痛みがなくなった。でも翌日にはまた少し痛くなったけれど。スポーツ選手ではない一般の人関は、関節の痛みは運動不足が良くないのだろう。でもまんべんなく体の関節を適度に動かすのは無理だ。年を取ると関節が痛くなるのは仕方がないだろう。
 笹川流れに行ったら、勝木のコメリで買い物をして、セブンイレブンでカップラーメンを食べて、ガソリンスタンドでガソリンを入れる。それで府屋の人の何かの役に立てればいいなと思う。勝木と府屋はちょっと離れているけれど。

暑さで納豆がまずくなった

 今日新潟県は梅雨が開けたそうだが、今年の梅雨はあんまり雨は降らなかった。このくらいの雨の量の梅雨はいい。でも稲のためには雨は足りないのだろう。
 賞味期限ギリギリの冷蔵庫の中の納豆は色が濃くなって、噛むと豆の弾力がなくなっている。豆のうまさもなくなっている。毎年のことだが、今年はこうなるのが早い。
 もっと暑くなれば、納豆じゃなくて豆腐を食べることになるだろう。でも朝はすりごまをかけて玉ねぎと一緒に食べる納豆はうまいのだが、それは暑い夏以外のことなのだろう。

サンマが品薄だそうだが、解凍品をたくさん食べるつもり

 今さんま二匹を食べた。うまかった。とてもうまかった。
 この頃サンマが不漁で品薄だというニュースが流れている。北太平洋で中国人がたくさん取りすぎているからだとかと言っている。でもどうして太平洋の北の方で中国人が漁をしているのか不思議なのだが、公海で魚を取っているのだろう。そんなところまで行ってサンマを取っているというのは、中国人の口がおごっているのだろうし、それは中国の経済力が上がっているからだろう。その漁をやめろという権利は誰にもないが、サンマがいなくならないように計画的に漁をしてほしいと思うが、でも中国人に何を言っても無駄なのだろう。
 今夜食べたサンマは解凍品だ。いつも買うサンマは解凍のものだ。冷凍してあったということは去年か一昨年か、たくさん取れる時期に取って冷凍していたものだ。せめてそういうふうに漁をして、サンマを取りすぎて、いなくならないようにしてほしい。
 解凍サンマだって、焼き立ては美味しい。サンマが、うなぎのように、いなくなって高くなって食べられなくなる前に、今年の夏は、解凍品でもたくさん食べようかなと思っている。
 でももしかしてそういう考え方は中国人と同じなのかもしれない。

今年の梅雨は雨が少ないようだ2019年

 今年の梅雨は今のところ雨が少ない。一日中すっきり晴れる日は少ないし、曇り空が多いのだけれど、雨はあんまり降らない。
 晴れた日でもひどく暑くはならない。涼しい。だけれど夜寝る時に扇風機をタイマーでつけることが多い。
 新潟県の梅雨は毎年七月の中旬と下旬が大雨が多いのだけれど、今年は大雨は降らないかもしれない。そういえば去年は七月中旬に梅雨明けしてしまって、生まれて始めての猛暑だった。そして冬はほとんど雪が降らなかった。
 今年は平均くらいの暑さと雪の量になってほしい。
 ネットの天気予報は明日から一週間は晴れる日がない。一週間ぜんぶが雨の日だ。でも大雨の予報はない。
 そしてここ最近はバイクに乗っていない。晴れても時間がとれなかったり、腰が痛かったりして乗れない。バイクを維持するコストは任意保険以外は安く済んでいるのだから仕方がない。でも任意保険の金額は、乗らないのに払わなければならないのだから、もったいないと思う。でもそれも仕方がないだろう。

炊飯器のタイマーを早めた

 夏至も過ぎて七月になってから、朝ご飯の炊けるタイマーの時刻を5時半にしている。それまでは5時50分だった。20分早めた。炊けて10分蒸らすから、6時に食べられるように炊ける時刻を5時50分にしていたのだ。
 毎年四月に入ると目が覚めるのは5時になって、それが4時半になり、4時になって、だんだん早まっていく。日が昇るのが早くなるし、暖かくなって体が目覚めやすくなるのだろう。
 朝、腹がすくというのも感じる。朝起きがけに腹が減っているというのは健康のバロメーターだろう。
 朝のメニューは一年中いっしょだ。玉子焼きか、生玉子。納豆にすり胡麻をかけて玉ねぎを三四切れ。大根の浅漬け。ご飯はどんぶり半分くらい(茶碗で大盛り一杯)。作るのも時間がかからない。これで毎朝エネルギー補給している。
 冬場になると炊飯器が炊ける時刻は6時半に遅れる。朝起きたくなくなるからだ。
<<