FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

円高でも円安でもどっちでもいい

 今、歴史的な円高といっているが、日本が円高メリットで世界に対して何かしたかというと何もしていないようだ。
 国内をみると円高だからガソリンが安くなったわけでもないし、電気代やガス代が安くなってもいない。肉類も安くなってもいない。輸入魚も値段は据え置きだ。
 ということはどこかで誰かが不当に儲けているのだ。
 マスコミはそういうことは言わない。

 ということはマスコミや政府は円高では困ると言っているが、円高だろうが円安だろうが、どっちでもいいということだ。
 円高がずっと続くわけでもない。
 国債がこれだけあって、既得権益者が不当に金儲けをしていて、社会全体に無駄なコストが重なって、だから何年かすると日本経済は破綻するだろうから、そのときは大幅な円安になるだろう。
 そのときは日本ぜんたいが破綻しているだろうから、今みたいな贅沢はできなくなるだろう。税金と公金を使って無駄な延命もできなくなるだろう。自由診療になったとしても、そういうことに金を払える層はほとんどいなくなるだろう。
 自分が生きて死ぬことを、今よりもっと考えることになるだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<<