FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

今年の冬至の気持ちは躁に

 毎年冬至の日に書くのだが、今年2012年は今日21日が冬至だそうだ。どうしてかいつもの年より三、四日早いと思う。
 太陽が出て沈む時刻を教えるサイトで調べたら、今日の陽が出る時刻は6:56で、陽が沈むのが16:28なのだそうだ。それが明日から陽がある時間が増えていく。それがどうしたということなのだが。

 この六、七年太陽が出ている時間が短いと鬱になるのだが、今年はそれほどならなかった気がする。理由は知らない。五十になったからかもしれない。偶然かもしれない。これから鬱になるのかもしれない。

 冬至はうれしい気持ちになるから、明日からは躁になるのかもしれない。とくに今年はそうかもしれない。たまにそうなってほしい。

コメント

こんにちは。

その気持ち、分かる気がします。
雨とか、重たい曇とか、夕方以降とても重たい。

すごい静かだったりすると、自分は本当に一人なんじゃないかと思えてきたり。

寂しくてちぢこまってしまったり、でも、せいせいしてみたり。

わからないですね、人の心なんて。

気持ちとは違い、心は自分の気持ちじゃどうにもならない。

人間なんて、元々、大した生き物じゃないのに、それを受け入れられないから悩んでしまう。

上を向く一点だけで、きっとどこまでも変わっていけるんだろう、て思います。

すいません、ただの個人的グチコメントになってしまいました。アハ。

  • 2012/12/26(水) 09:16:03 |
  • URL |
  • ぴょ~く #3v9IlUEY
  • [ 編集 ]

 ぴょ~くさんが書いた、「人間なんて、元々大した生き物じゃない」と自分が思えたとき、生き物を産みだした地球や宇宙に、自分をゆだねたら、気持ちが落ち着くような気がします。
 そう思って自分の心を落ち着かせたいと思うのかもしれません。

 だから地球の動きや、光のぐあいや、温度や、湿り気や、空気の匂いや、音のつたわりで、自分の気持ちのかたちが変化するのだろうと思っています。
 自分以外の生き物の動きでも、自分は変わるのだろうと思います。
 それが、自然なことなんだと思っています。そういうものだと思います。
 いろいろなことで、自分が変わることが、自然なんだと思っています。
 その自然なことに、身をまかせています。いや、身をまかせようとつとめています。
 でも、まかせきれないのがしょっちゅうなのですが、まかせきれないことも、腹が立つことも、それも自然なのだと思っています。

  • 2012/12/26(水) 19:49:33 |
  • URL |
  • ダガシ #-
  • [ 編集 ]

しつこくてごもんなさい

本当にそうですね。
心は、様々な様相により影響を受けます。だから、気候などにも左右されてしまいがちです。

変化していく事は自然な事ですが、ブレてしまうのとは違う気がします。

何を、建設的変化と呼ぶのでしょう。価値ある変化と、そうではない変化との違いって、何なのでしょうか‥。

すみません。
ご迷惑だとは感じながらも、つい、こういう話が好きなのでリレスし、尚且つ長文になってしまいます。

  • 2012/12/26(水) 21:44:01 |
  • URL |
  • ぴょ~く #jEdBk3EI
  • [ 編集 ]

 このごろはどうしてか気持ちが怠けてしまって、クリエイティブなことが出来ないで自分にイライラしていましたが、力むのをあきらめました。
 りきんでも、出来ないものはできないのだと思いました。

 建設的変化とか価値ある変化とかは、そもそもないものだと思ったら楽になりました。でもそれは、怠けがひどくなったのかもしれません。

 だけど、怠けを極限まで突き詰めたら、新しいクリエイティブなところに出ることが出来るかもしれないと、勝手に思って、でも、怠けながらでも、怠けることを一生懸命に怠けて、そして怠けながらでも心の底では何かを燃やしている状態を保っている、そういうふうに生きているようにありたいなと思っています。

  • 2012/12/26(水) 22:07:50 |
  • URL |
  • ダガシ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<