FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

無料の経理ソフト・JUNⅢ会計

 私が使っている無料の経理ソフト『加藤かんたん会計』のリメイク版ができた。
 『JUNⅢ会計』だ。
 フリー会計ソフト『JUNⅢ会計ソフト』のホームページはここ

 『JUNⅢ会計ソフト』はもちろん青色申告で使える。そして完全に無料で使える。
 世間では、無料だとかフリーだとかとうたっていても、無料なのはお試し版や短期間しか使えないソフトが多いけれど、上の『じゅんさん会計ソフト』はいつまでも完全に無料で使えるソフトだ。
 そして構造がシンプルで動作が軽いのがいい。シンプルだから操作するのもやり方を覚えるのも簡単だ。

 他のフリーをうたっている会計ソフトは経理や簿記の知識がなくても簡単にできると言っているが、そんなことはない。仕分け日記帳に入力するには、絶対に初歩の簿記の知識は必要だ。だから簿記の知識がなくてもできると言っている業者は嘘をついている。誇大広告を言っている。だから信用できない。だからダウンロードもしたくない。
 でも『加藤かんたん会計』の作者の人は、ソフトを使うには簿記の知識は少しは必要ですと書いている。それに自分のソフトのデメリットもちゃんと書いている。正直だ。だから信用できる。信用できるから使いたいと思うのだ。
 そして簿記の初歩の知識など、『加藤かんたん会計』の簿記マニュアルを一時間も読めばわかるようになる。それさえわからないような頭では、そもそも自分で商売をすることなどあきらめたほうがいい。雇われ人のままでいたほうがいい。

 確定申告用で経理ソフトを使う多くの人間が悩むのは、自分が使ったお金を何の経費科目にすればいいかということだ。これは消耗品費なのか、接待交際費なのか、雑費なのか、どの科目で記帳すればいいかということだ。
 それと、この支払ったものは経費になるのだろうかということだ。
 だがそれを他人に教えてもらうのは確定申告の理念に反することだ。自分で考えて使った経費は、なぜそのお金を支払ったかというのは究極のところ自分しかわからない。だから究極には、他人に教えてもらうことなどできないということだ。
 そして確定申告という仕組みは、自分で国家に申告するのだから、申告の中身は自分が責任を持つということだ。自分の行為行動の責任は自分がとるということだ。だから国家にも権利を主張できるのだ。それが民主主義ということだ。
 だから民主主義の理念を守るためにも仕分け日記帳の経費科目は自分で決めなければならない。それがいやならお金を払って税理士に代行させるのがスジミチだ。

 会計ソフトの業者はサービスの一つとしてユーザーからメールで質問を受けつけて答えているが、ソフトの操作の質問には答えるけれど、簿記の質問には答えていないはずだ。ユーザーが自分の責任において決めなければならない経費科目を、こうしたほうがいいなどと安易に言ったら、責任は会計ソフトの業者がかぶることになるかもしれない。まともな業者なら、あぶなくてそんなことはしないだろう。
 それなのにfreeeソフトの業者の中には、どんな質問にも親切に答えますなどと言っている。それはユーザーをだましていることだし、民主主義を否定していることだ。
 税理士資格のない他人に自分の経費科目のことを本気で質問するのも、それを税理士でない他人が教えるのもナンセンスなことで、それは質問するほうも質問を受けつけるほうも、金も払いたくない、責任も取りたくない、青色申告の権利だけは得たいという泥棒根性の田舎者ということだ。

『JUN3会計』という新しい無料の会計ソフトができたけれど、私はまだ使い慣れた、シンプルで動きが軽い『加藤かんたん会計』を使うつもりだ。来年になったら『じゅうさん会計ソフト』を使わせてもらうのを、考えてみようかなと思っている。
 加藤かんたん会計ソフトはここを見る

コメント

感謝

加藤かんたん会計の作者の加藤です。
たまたまブログを拝見しました。
使って頂いて感謝しています。

加藤さま
 こういう便利で、無料で、手軽に使うことができる経理ソフトを作っていただいて、こちらこそ感謝しています。
 日々パソコンに向かい、記帳しています。
 おかげさまで、確定申告にも不便を感じません。
 こういう役に立つソフトを作るということは、時間的にも、精神的にも、気苦労も、そして金銭的にも、いろいろな大変なご苦労があると思います。
 本当に助かっています。加藤かんたん会計ソフトを使うことで、簿記のことも少しはわかるようになりました。
 ありがとうございます。

  • 2015/02/28(土) 21:48:12 |
  • URL |
  • ダガシ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<