FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

2018、初めてのブリ大根

 この冬初めてブリ大根をつくった。大根が高くて、毎日食べる浅漬けにするのに精一杯で、たくさん使うブリ大根には回せなかったのだ。それに今年はブリのあらも高い。それにスーパーで売っているブリあらのパックには、頭がほとんど入っていないのだ。ブリあらは頭が美味しいのに。
 ブリだけではないが、魚の顔の肉はやわらかくて甘くて、うまい。目玉をほじくり出して口に入れたときの、コリコリした食感は何ともいえない。そして目玉の甘いような苦いような、少し甘じょっぱい味も、舌の上にとろけて美味しく残る。もしかして魚売り場の店員が、自分が買うために頭は売り場に出さないのかと思うほどだ。
 そうしたら、今日日替わりセールで大根が一本198円で安かったし(今年の冬の大根の普段の値段は298円だ)、ブリあらの398円のパックが売れ残って150円で売っていたから、買ったのだ。しかもそのブリあらのパックには頭が一つ半入っていた(半分に割ったのが三個だ)。目玉も見えた。買い得だった。ちなみに原信だ。
 作って食べたら、やはり美味しかった。あらの背骨の太さは親指ほどだった。大きいブリだ。でも大根は高くてもったいないから五センチくらいしか使わなかった。去年までなら大根の三分の一はブリ大根に入れたのに。だが一回で食べきれるから、大根も五センチで丁度でいいのだと思った。
 大根が高いから、おでんも作っていない。だがおでんの具は、よく考えたら揚げ物だらけだから油のとりすぎだと思って、食べない方がいいと思うようになっている。その油も、新鮮な油ではないだろうし。
 この冬は大根もブリあらも高いままだろうから、春になるまで、もう一回くらいブリ大根がつくれればいいなと思っている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<