FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

平昌オリンピックで初めて五輪で感動した

 もともとオリンピックなど興味がないのだが、今回の冬のオリンピックはおもしろいと思った。
 大会が始まったころはいつものようにネットのニュースも見なかったが、男子フィギアで連続の金メダルを取ったのはすごいと思って、ネットで動画を見た。その選手の言動は男として気持ち悪いと思っているのだが、結果を出したのだから運動選手としてはものすごい。それからネットのオリンピックのニュースをチェックしだした。
 その次は女子スピードスケートの500メートルの金メダルだ。長野県の女の人だそうだが、控えめな言動で、目がはなれている童顔で可愛らしく、私が嫌いな韓国の国の自分に負けた選手に人として手を差し伸べたことをしたかっこよさを見て、好きになった。
 大会の初めころにあったスノーボードの銀メダルの新潟県出身の選手のストイックさも尊敬できるものを見た。写真で髪がたを見たらチャラチャラしているように思ったが、精神は武道を追求するサムライのように思った。
 そしてカーリングだ。カーリングなど嫌いだった。いやまるで興味がなかった。競技時間が長ったらしくて、メリハリがなくて、ルールも知らないから何をやっているかがわからなくて、あんなものが運動なのかと思っていた。それは今でも思ってるが。
 だけれど、運動としてではなく、今回の日本代表チームの結成のドラマをネットニュースで知って、いくつか動画を見た。頑張っているんだなあと思って、涙が出た。それから、いつも屈託なくニコニコして頑張っている、そしてムチムチした体の女子を見るのも気持ちがいい。

 私は基本的に、自分がやることに興味はあるが、自分以外がやっている運動や趣味に興味を持たないし感動などしない。だからオリンピックにも興味がない。だけれど今回の韓国の冬のオリンピックは、ドラマがあった。人間としてのドラマに感動したのだと思う。
 自分以外がやっている運動に興味はないのだが、駅伝やマラソンをじかに見るときは、応援してしまう。あの苦しそうな顔で一生懸命走っているのを真近かで見たら、そしてその顔つきの人間が何人も目の前を走っていたら、頑張れ、と大きな声が出てしまう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<