FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

ユーザー車検を受けた。2018年

 今日、軽自動車のユーザー車検に行った。問題なく終わった。
 車検場の職員たちは、年々親切になっている。まともな社会人の言動もできるようになっている。新潟市の人間には珍しく敬語も喋れる。初めて行ったときは対応が上から目線で横柄で怒鳴りつけたが、ユーザー車検を受ける人の中で俺みたいな人間が大勢いたのかもしれない。だが職員たちはあいかわらず車屋たちには少し横柄だった。
 話はずれるが、車屋の人間は、建築職人と同じくらいガラが悪い。今日は暑いくらいなのにズボンのポケットに手を入れているし、煙草を吸う人間も多い。変な咳をしている男が多かった。いつも疲れた顔つきをしている。ふてくされた顔つきの奴らも多い。何かのひょうしにチェッと言う奴もいた。車業界の人間とは付き合いたくない。心身の健康のためにも近づきたくない。暴言を書くが、車業界の奴らは工業高校に行った人間がほとんどだろうが、勉強ができない人間とは付き合いたくない。勉強ができればいいということではないが、せめて学校の勉強くらいはできる人間でないと、ふてくされた顔つきになって、お客の前でもチェッとつぶやく男になるのだろう。

 先回、車の中の荷物を出させられたから、今朝行く前に駐車場に9割がた出して行った。職員に聞いたら、車内の荷物は、大きさではなく重さが問題で、目安として50キロ以内なら車内に物を置いたまま車検を受けることができるそうだ。このあいだタイヤを積んでいた人がいて、車からおろして車検場の駐車場の隅に置いて車検を受けたそうだ。
 驚いたことに、ライトの検査は、今回からロービームで計るようになった。俺が検査で車に乗っているときにハイビームにしたら、職員が横に来てロービームにしてくださいと言った。その後の排気ガスの検査では、職員が俺の車のマフラーに検査の棒を入れてくれた。そのときにお礼を言ってから、「ライトの検査はロービームになったんですか」と聞いたら、そうですと答えた。ハイビームはほとんど使わないから現実的なやり方だろう。そういえば検査場に入る前の事前のチェックで、ハイビームになるかどうかを見られた。
 荷台においている荷物を降ろすために、実家に行って、おろして、実家のほうの車検場で受けようと思っていたが、向こうに行く日にちがなくて行けなかったけれど、新潟市で受けてよかった。
 それと自賠責保険は車検場で入ることができた。先回より少し安くなっている。そういえばオートバイの自賠責も安くなっている。世の中の交通事故が少なくなっているからだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<