FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

久しぶりのぎっくり腰で本を読んだこと

 昨日部屋の片付けをして鴨居の上の小さい押入れの中の物を捨てたり入れ替えたりして、椅子に登ったり降りたりしたら、今朝起きたらぎっくり腰みたいに痛くて動けなかった。
 今日も時間をつくって片付けようと思っていたのだが、痛くて痛くて、朝食を食べた後もベッドで横になっていた。昼過ぎになっても痛みがひく気配がないから、去年の夏に右腕が痛くなって整形外科に行ってもらった湿布薬の残りがあったのを思い出して、腰に貼った。そして食事と排泄以外は一日ベッドにいた。
 十年以上前のぎっくり腰のときはエアコンクリーニングで脚立を何回も上り下りして、さらに背中を反って力を入れて動いたのが原因だが、昨日も同じ動作をしていたと気づいた。背中を反って重いものを持ち上げるのをくり返すのが腰にいけないのだろう。
 今朝起きたときにベッドから降りて歩こうとしたら、膝の上も痛かった、それは何回も椅子に上り下りした筋肉痛だろう。今朝から腰が痛いのも本当は筋肉痛だろう。前にエアコンクリーニングで腰を傷めたのも筋肉を使いすぎた痛みだ。
 背中を後ろ側に反るというのは、思ったより腰の筋肉を疲労させるのだろう。といって掃除や片付けではやらなければならない動作だから、年をとって腰を使いすぎたら、その後暖かい風呂に入って筋肉を暖めて血のめぐりを良くするとか、もんでマッサージするとかをしなければならないのだろう。面倒くさがるのがよくなかった。

 だけれどそのおかげでベッドで本を読めた。
 昔の外国人が書いた日本のことがおもしろかった。その外国人は女だ。大阪のドヤ街で福祉の仕事をしたことや、京都の芸者になったことや、パチンコ屋を開いたことなどの奮闘記だ。文章は下手なのだが、熱気がある。そして文をつづる視点が珍しい。視点が珍しいのに共感できるのだ。
 今までなかったものの見方と、そう言われればたしかにそうだという気持ちは、芸術の一番大事なことだ。そのことを再認識させてくれた。
 女の外国人が昔の日本で生きていくのは辛かったろう。でも自分さえよければいいとならずに、筋道を通す生き方をして、自分の弱さもズルさも自覚して、ときどきはユーモアを持って、正直に生きていた生き方を書いた文を読むと気持ちがいいものだなと改めて思った。
 何年か一回はぎっくり腰になってベッドで本を読むのもいいかもしれないと思ったが、別にぎっくり腰にならなくても本は読めるし、もっと年をとってぎっくり腰になったら治るのに日にちがかかるだろうから、これからは腰のことは気をつけようと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<