FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

台風の珍しい動きと、新潟県の最高気温39度

 今日はこの夏いちばん暑かった。夕方、ヤフーを見たら、ニュースで、「日本海側を中心に気温が上昇している。正午過ぎに新潟県三条市で39.5度、同長岡市で39.1度を記録した」と書いてあった。
 何日か前から来ている台風が、見たこともない動き方で、右から左に進んでいるのだ。だから南からの暑い湿った空気が、関東側から越後山脈にぶつかって関東平野に雨を降らせ、空気は自分の湿気を抜いて、カラカラに乾いて、谷川岳を降りてくると、暑い空気はもっと暑くなって、それはフェーン現象ということだが、その熱風が今日、新潟平野を暑く吹きわたった。
 新潟県は台風は反れたが、それでも新潟市は風速9メートルだった。干していたバスタオルがバタバタ音を立てて何度もめくれ上がっていた。
 アパートの部屋に置いている今日の温度計は37度をさしていた。体温と同じだ。どうりで扇風機の風にあたっても涼しくない。

 日本列島の上に大きな高気圧があって、その高気圧があるから台風が北に行けずに、高気圧のへりを動いたから、こういう進み方になったらしい。だが、なぜ右から左に行ったかは、気象の説明を忘れた。
 初めて見た台風の動き方だから、写真を貼っておく。
台風の珍しい進路2018年7月29日

 今日はあんまり暑いから、何か工夫をしなくてはいけないと考えた。そうしてタオルを濡らして、後ろ頭から背中にかけて貼り付けて、タオルの上の方を絞ったバンダナで額に縛る。そうして今日は扇風機を背中からかけて過ごした。
 濡れタオルは20分で乾くから、20分おきに流しに行ってタオルとバンダナを濡らして絞って、後ろ頭から背中にたらして、またバンダナで額にしばる。それをくり返した(次の日は水を入れたスプレーを置いておいて、タオルが乾いたらスプレーでタオルを濡らした。体にもスプレーをかけて濡らした)。
 夕方の温度計は36度だった。ほとんど下がっていない。だけれどフェーン現象で湿度が低いから、それほどムシムシしていない。だからジットリとした気持ち悪さはなかった。
 夏の前の長期天気予報は、今年の夏はそれほど暑くならないと言っていたと思うが、忘れた。八月になったら涼しくなるかもしれないという、根拠のない予想でもう少し我慢する。
 だけれど明日も最高気温は35度らしい。
 そして明後日からの週刊天気予報も最高気温は33度、34度、そして35度もある。突発的に37度もあるかもしれない。覚悟が必要だ。
 これも珍しい晴れが続いて、暑い日が続く天気予報の画像だから貼っておく。
天気予報2018年7月30日

週刊天気予報2018年7月29日時点

※翌日の朝に追記
 昨日の新潟市の最高気温は38.5度だったそうだ。39度と変わらない。誤差の範囲だ。
 そして今日の予想最高気温は36度だそうだ。また暑くなる。
 だけれど昨日の夜中は、それほど暑くなかった。窓を開けていると風が強く入ってきて、涼しかった。台風のなごりの風だったのだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<