FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

現金は持たなくてもいいと改めて思った

 この間の北海道の大地震で、北海道のほとんどが停電したが、二日間で電気が通った。ラジオで経済産業大臣が早く復旧させると言っていたが、本当だった。無理をしたのだろう。人件費をかけたのだろう。
 停電ではクレジットカードや電子マネーが使えない。政府は今、キャッシュレスを進めている。それもあって電気を通すことに必死になったのかもしれない。
 私も買い物では現金を使わない。クレジットカードがほとんどで、たまにセブンイレブンでnanacoカードを使う。財布の中には三千円と少しの小銭しか入れてない。部屋には千円札が6枚と小銭が1000円分くらい置いてある。北海道の停電のニュースを聞いて、これでは震災で停電になったときに現金が足りないのではないかと思った。
 でも考えたら、現金をたくさん持っていても、震災になったらスーパーには客が殺到して、売り物などすぐになくなってしまうだろう。私が食料を買いに行ったときには、売り場の棚は空っぽだろう。その時はガソリンを入れるにも現金しか使えなくなるだろうが、ガソリンだって売り切れになっているだろう。物流は麻痺して、売り切れが続くだろう。
 ということは現金をたくさん持っていても、買うものがなくなっているのだから、結局震災のときは、カードだろうが現金だろうが使い道がないということだ。
 非常食と水を三日分くらい部屋に置いておく(酒も)、ガソリンは常に満タンにしておく、というのが正解なのだろう。
 だから部屋に置く現金を増やそうと思ったが、今のままでいいと思い直した。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<