FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

あごヒゲと下の毛に白いものが出た年頃は五十六歳

 二週間くらい前にあごヒゲに白い毛を見つけた。二日間剃らなかったら、五ミリくらいの白いものが十本くらい生えていた。
 そして昨日見たのは、下の毛に一本、白く細い糸みたいなのがあった。糸くずかと思って引っ張ってみたら皮膚が持ち上がったから自分の毛なんだとわかった。
 髪の毛は中学生のときに何本か白くなって、次は鼻毛が四十代の初め頃に何本か白くなって、それから耳の上のびんのところが白くなったのは四十代の終わり頃で、五十代半ばになったらあごヒゲに白いものが出てきて、とうとう五十六歳になって下の毛に一本白いのが出た。
 毛というのはこういう年の取り方で白くなるのだと、自分の体で知った。
 毛が白くなるのは別に痛くもかゆくもないのだが、一ヶ月くらい前から左の足の付け根の外側がチクチク痛みだした。
 バイクに乗るから筋肉や筋が疲れて傷むのだろうと思ったが、自分のいろいろなところの毛が白くなったのを見たら、自分の年のせいだろうと思った。父親も年を取ったときの日記に、股関節が痛いと書いていたから、遺伝の痛みなのだろう。
 運動神経が良くて、足腰が丈夫なことが取り得な自分でも、そういう関節の異常の遺伝があるのだなと覚悟した。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<