FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

二十年ぶりくらいに食べた二十世紀梨は美味しかったのと、大型台風が来ること

 今日、梨を食べた。二十年ぶりくらいに食べた。二十世紀梨だ。子供のころ初めて二十世紀梨を食べた味を思い出した。それまで長十郎梨しか食べたことがなかったときに、二十世紀という梨を食べて、その柔らかさに感動したのを思い出した。
 梨は品種改良されて、二十世紀梨よりもっと甘くて柔らかいのが世の中に出ている。でも二十世紀梨を初めて食べた感動を思い出すと、おいしいと言われている最近の梨を食べても、それほどでもない。梨を食べるのなら、やっぱり二十世紀梨を食べたいと思ってしまう。
 でも秋になっても、ちょくちょく梨を食べたいとは思わない。そもそもどうしてなのか、果物を食べたいと思わないのだ。果物はたいが酸っぱい。たぶん酸っぱい野菜が嫌いなのだと思う。ぶどうなどは子供のころ以来食べていない。
 どうして酸っぱい野菜が嫌いなのかはわからない。だが嫌いなのだから、食べない。甘すぎるのも嫌だ。甘いブドウは腐っているようで食べたくない。メロンも甘すぎるから嫌いだ。程よい甘さの果物が好きだ。それは柿なのだが、毎年秋になると、スーパーでときどき買って、季節のうちに十個くらい買って食べている。一個100円しないくらいで、安いものだから、つい買い物カゴにいれてしまう。柿は柿でも、干し柿は甘くなりすぎるから食べたくない。酸っぱくなく甘すぎない果物じゃなければ食べたくないのだ。
 梨のことから柿のことになったが、久しぶりに二十世紀梨を食べて、やっぱり二十世紀梨はおいしいなあと思った。今日買ったのは一個98円だった。

 今夜の夜中にまた大きな台風が来る。米を三合炊いておいた。携帯電話の充電をしておいた。焼酎の4リットルボトルに水を入れておいた。車のガソリンはいつも満タンにしておいている。台風の備えはそのくらいだ。
 梨農家さんの台風の備えは、風で梨が落ちる前に収穫することらしい。それで今日、二十世紀梨が安かったのか、それともいつもそのくらいの値段なのかは、梨というか果物を買わないからわからない。

※次の日の夜に追記
 強い台風のことだが、たいしたことはなかった。
 台風は夜中に新潟県を通るということで、水を用意したり、ご飯をよけいに炊いたりしたが、朝起きて窓を開けてみたら、外は昨日と同じ風景だった。
 だけど、夜中に夢はよく見た。緊張して眠りが浅かったのだろう。いろいろなストーリーの夢を見た。夢の中で藤田という人間を唐突に呼んだことを憶えている。
 新潟市の台風は夜中に来ることが多いのだろうか。九州と中国地方が朝から午前中を通り、昼すぎに近畿を通り、信州、関東を夕方に通り過ぎ、夜中に新潟県を通っていく。今回の台風は最初はゆっくりとした動きだったそうだが、日本列島に入ったら時速60キロで進んだそうだ。そして新潟県には夜中の3時ころに台風の目が通過したらしい。だからネットの天気予報の結果は、3時の風速が1メートルだった。台風の目の中に入ると風が止むそうだから。
 そして台風が去った朝から、今の夜も、風は強いままだ。早いスピードで去っていったのに、台風の吹き返しというが、今回の吹き返しは長い間吹いている。明日の天気予報も風は強い。さすが強い台風だった。
 だけれど今年の台風では、気圧が下がっての右ひじは痛まない。それほど腕を使わないからだろう。台風が来ると知ったら、とくに体を休めるようにしているから。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

<<