FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

酒を沢山飲んでも痛風にならない自信がついた

 今日の昼に図書館から予約の本が用意できたというメールが来て、読んだら、明日から五月十日まで休むと書いてあった。コロナウイルスの緊急事態宣言が出たからだそうだ。明日から休むということは、今日は混雑してるだろうから、ウイルスが怖いから、本を取りに行かないことにした。手持ちの本を読んでいることにする。

 十日くらい前に、居酒屋に焼き鳥と串かつを持ち帰りで買ってきて、焼酎のつまみにした。新しく作ったクレジットカードの期間限定ポイントで、それは居酒屋しか使えないポイントで、でもコロナが怖いから居酒屋で飲み食いしたくないし、そのポイントをどう使おうかと思って考えて、そうだ、料理を持ち帰りで買えばいいと思い、居酒屋に電話して聞いたら、OKだというから頼んだ。
 夕方四時半に取りに行ったが、まだ時間が早いせいで客はいなかった。中年の女の店員はマスクをして出てきた。ちょっと安心した。もちろん私も花粉症の時期だからマスクをしている。イスに座って待っていてくださいと言われたが、ウイルスがイスに付いているのが怖いから、立って待った。一分くらいして奥から入れ物を持ってきて、渡してくれた。長居したくないから、すぐに店を出た。
 アパートに帰って、渡された入れ物を流しに置いて、手を洗うついでに、入れ物の外側に水をかけて、付いているかもしれないウイルスを洗い落とした。そして入れ物を開けて、焼き鳥と串かつを串から外して、どんぶりに移して、電子レンジにかけた。ウイルスは電子レンジにかければすぐに死滅するとネットに書いてあったから。念の為に二分くらいかけた。
 いつものように多めの人参やキャベツを電子レンジで蒸して食べて、ビタミン補給をして、そして尿酸を体の外に出しやすくするように、おしっこをアルカリ性にした。

 焼酎は沢山飲んだ。380ccも飲んだ。純アルコールで100g分だ。日本酒になおせば五合だ。ビールならば2.5リットルだ。焼き鳥にはレバーもあった。串かつにはエビもあった。レバーもエビもプリン体のかたまりだ。初めて痛風になってから食べないようにしてきたが、何年かぶりに食べた。プリン体が多い食べ物は、とても美味いものだったのだと思い出した。翌日は痛風にはならなかった。自信がついた。

 その翌週、このあいだだが、また焼酎を沢山飲んだ。420cc、純アルコール分で110gも飲んだ。日本酒なら五合半、ビールなら2.7リットルだ。つまみは鮭を二切れ、野菜と一緒に電子レンジで蒸した。これも美味しかった。他に、おでんと、レンコンの野菜天ぷらを買ってきて食べた。
 今度は飲みすぎたのだろう、次の日の朝、少し二日酔いになった。頭がぼーっとしている。何年ぶりかに二日酔いの感覚を味わった。
 でもこの間もその前も、沢山飲んだのに、飲み終わったときはあまり酔わずに、もっと飲みたいと思ったくらいだった。だけど飲み過ぎは痛風がぶり返すと思い、我慢してやめたのだ。
 この間飲んだ次の日の午前中に背中の左側、脇腹の近くが痛くなった。その日の夜には痛みは消えたが、たぶん軽い痛風だったのだろう。
 だけれど、このくらいの量は、去年までは毎日ふつうに飲んでいたのだ。つまみもいっぱい食べていたのだ。それがひどい痛風になった原因なのだが。

 二週つづけて沢山飲んで、沢山飲んでも一日だけならひどい痛風にならない自信がついた。親戚の葬式や法事に呼ばれても、酔わずに沢山飲める体に戻った自信もついた。でも最近はコロナウイルスのことで葬式も法事もしないか、しても長い時間の会食はしないだろう。
 そして、二週つづけて沢山飲んだから、次に飲むときは少なめに飲むことにする。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<<