FC2ブログ

徒然のブログ

つれづれの思いなどを

バイクのブレーキランプを直したこと

 オートバイのブレーキランプが点かなくなったのを直した。直したといっても、電球を交換しただけなのだが。
 去年の11月に、ブレーキをかけると、後ろの車が近づく。嫌がらせかと思ったが、次に乗る時に、乗る前の点検でブレーキランプが点かなくなっていたのがわかった。そのせいだった。私のほうが迷惑をかけていた。

 どこが悪いのか調べようとして、最初は電球にテスターを当てたら電流が通っていたから、球は切れていないと思って、他の場所、例えばブレーキのスイッチとか、電線のつなぎ目が壊れたか、電線が途中で切れたかもしれないと思って、そうしたら修理はちょっと大ごとになるな、と覚悟した。
 それでヤマハのサイトで部品を注文しようとしたら、今は個人が注文できなくなっていて、バイク店から注文せよとなっていた。それで前から良さそうだと思っていたバイク屋に電話して、ブレーキランプが点かなくなって、それに関係する箇所の部品と、前から発注しようと思っていたゴム製のワッシャーのようなグロメットという部品や、テールランプカバーを留めているネジを、メーカーから取ってもらえるか聞いたら、できるということで、行った。
 バイクに乗っていって、前ブレーキランプのスイッチの端子をはずして、このバイクのブレーキランプのスイッチはここで、この端子が悪いのかもしれませんと言ったら、店主は、さっと私のバイクを後ろに引っ張っていき、作業場の中に入れた。この中の方が暗いから、点くかどうかがわかりやすいからと言って、これを直結すれば点きますよと、キーを回して、さっき私がはずした二本の配線の端っこに、ラジオペンチの先の両方を突っこんだ。でも点かない。
 ということは球が切れているな、とつぶやいて、さっさとテールランプカバーを外して、バルブをはずして、テスターでチェックして、切れてますね、と私の目を見つめて、どうしてか得意げに、太い声で言った。
 既製品でこれと同じのは売っていますかと聞いたら、すぐに店の在庫の棚に早足で歩いていって、新品の電球の箱を持ってきて、取り付けてくれた。そしてまたキーを回して、前ブレーキを握ったら、ブレーキランプはあっけなく光った。切れる前より明るく見えた。
 そのバルブは、テールランプとブレーキランプの両方を一つの球で光らせるもので、電球をよく見たら、フィラメントが二本あった。見た目は二本とも切れていないが、私がテスターでチェックしたときに切れていないと思ったのはテールランプの方で、ブレーキランプの方のフィラメントが悪くなっていたらしい。

 もし配線が切れていたとしたら、配線を交換するためにはガソリンタンクをはずして、配線をはずして、どこが切れているか、地道に導通チェックをしなければならない。電気系統が壊れると、やっかいで面倒な作業が待っている。もし手に負えないときは、修理してもらうことになるから、工賃が高いだろう。それも覚悟していたのだが、バルブ交換で、バルブ代400円くらいで済んだ。
 私が帰るときに、店主は、もう一度点くかどうかをチェックしてくれた。

 それでお礼で、注文していた部品を取りに行ったとき、店のガラスの外側だけだが、掃除してあげた。洗った窓ガラス用のモップはあまり汚れなかったから、もともとキレイにしていたようだった。店主の、バイクのどこが壊れているか、すぐにピンとくる知識の豊富さや、修理の手際の良さや、もう一度ランプが点くかどうかを確認する几帳面さを、店の窓ガラスのキレイさが証明していた。珍しく新潟市でまともな職業人がいた。それを見つけたのがうれしかった。
 キレイなガラスだったが、気持ちの問題だと思って、清掃させてもらった。店主は、いい笑顔で、ありがとうございますと言ってくれた。こちらの方こそありがとうございますと思っているから、私も同じ言葉を返して、頭を下げた。
 そしてその店で自賠責保険をかけた。保険料が安くなっているせいもあって、一度に5年分も払った。5年分でも17330円でしかない。昔に比べれば安くなったものだ。
 そうして、おれはまだ5年もオートバイに乗ることにしたのかと、自分で自分を驚いた。60歳すぎることになる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<<